マザコン男の方が給与も社会性も高い 研究結果に「ママに感謝」の声多数


『マザコン少年の末路 増補版 (河合ブックレット) 』
『マザコン少年の末路 増補版 (河合ブックレット) 』
なにかとネガティブなイメージの強い「マザコン」男性の方が、そうでない男性よりも社会性、年俸ともに高い平均となっていることが判明し、全世界の「僕ちゃん」たちを喜ばせている。

米ハーバード大学は1938年から、当時大学生だった268人を対象に75年間にわたり調査を行なってきた。対象者には「幸せな人生に必要なことは何」をテーマに、2年に1回の健康診断や心理検査、面談などを実施。

人生で給与が最も高くなるる55〜60歳では、マザコン男は、そうでない男たちよりも平均8万7000ドル(870万円)も高いことがわかった。また業務効率もよく、対人関係も円満。また年老いても認知症を発症する確率が低かった。

ちなみに父親との関係が強かった男性は、老いてからの生活の満足度が高く、安定した感情の持ち主であることが判明している。これらの調査をふくめて、ハーバード大の同研究関係者は、「幸せな生活のためには人間関係が重要であることが証明されたのだ。幸福は愛である」と述べている。

海外のインターネット掲示板などでは「結婚するならマザコン男、つまり俺だな」「ママに感謝しなきゃな」「ママに甘えると怒るうちの嫁は屑であることが判明」などといった書き込みで賑わっている。

文/編集部


シェア