銀杏の食べすぎで「中毒」に? 気をつけたい銀杏中毒基礎知識


ginnan茶碗蒸しから煎ったものまでなにかと美味しい銀杏ですが、銀杏はギンコール酸などを含み、漆などのようにかぶれなどの皮膚炎を引き起こすこともあります。

だけどそれよりも恐ろしいのは銀杏が引き起こす食中毒。食用とする種の中身にはビタミンB6の類縁体4-O-メチルピリドキシン (4-O-methylpyridoxine、MPN) が含まれており、これがビタミンB6に拮抗してビタミンB6欠乏となりGABAの生合成を阻害し、まれに痙攣などを引き起こします。

大人の場合かなりの数を摂取しなければ問題はないが、子供の場合1日5 – 6粒程度でも中毒になることがあり。日本で報告されるほとんどの銀杏中毒は子供が発症しています。大量に摂取した際には、死亡した例もあるというから、気をつけてほしいところ。です、美味しいからって、子供さんに銀杏をたくさんあげちゃいけませんよ!

文/田中剛一


シェア