鬼束ちひろに過激すぎる映像オファー殺到 ギャラは1億超の予想も?


鬼束ちひろ公式HPより
鬼束ちひろ公式HPより
「映像業界がいまホットな視線を向けている芸能人といえば、あのネオぷっつんの女王ですよ」

セクシー女優映像関係者が注目するというその人物は、公式HPのアーティスト写真が怖いとしてネットで話題になっている・歌手の鬼束ちひろ(32)だ。

以前には同棲していた男性からDVを受けて事件沙汰になり、またTwitterで和田アキ子や島田紳助に対して「殺してえ」などとバイオレンスな発言をするなど、たびたび世間を騒がせてきた。

そんな彼女に果たしてセクシー女優としての需要があるのか、気になるところ。

「彼女はキチッとメイクさえすれば、そこいらのアイドルや女優なんてかなわないほどの美形。デビュー当初も美系歌姫として人気でしたからね。今世紀最大の人気女優になれる可能性もありますよ」(映像メーカー社員)

現在の彼女は濃すぎるキャラとしてバラエティ番組などにブッキングされることはあるものの、色物感が出ているように見えるためか、そこまで仕事が多いわけではない。万一そちらに出演となれば、それもサクセスの一つではとの芸能界の声もある。しかし、そうは問屋が卸さないというか、問題がただ一つ。

「彼女を口説き落としたいというある芸能人映像コーディネーターは、催眠術を使用して恋愛するという設定の、いわゆる“ガンギマリ”ものに彼女を出したいと考えているようなんです。彼女が白目を向きまくり、からだを爆揺れさせて…、というような」(夕刊紙記者)

そんなドン引き系作品の出演だったら絶対オファーがあっても受けないのでは、と思わされるのだが。

「元芸能人系の女優さんなら、そんなの絶対に出ませんよ。ただ、クリエイターとしての才能がピカイチで、かつそういった話題性を上手に使える鬼束さんなら面白がってもしかして…というのがそのコーディネーターたちの読みなんですよね。まあ実現すればギャラは1億円超と見られていますが、金になびくような彼女ではないと思いますし」(某コーディネーター)

そのエキセントリックなイメージの反面、その妙な色気や巨乳ぶりが話題になってきた鬼束ちひろ。それだけに過激作に出演すれば観たいところだけれど。ちなみに2014年1月より彼女がツアーが開催される。そんな中でこんな過激な映像作品出演発表がないことを祈りたいところだ。やっぱり歌手としての彼女が一番ですよ!

文/目時大


シェア