今年の紅白歌合戦は死人が出る?(後編) 芸能事務所からついに…


実録 神戸芸能社 山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界 (双葉文庫) [文庫]
実録 神戸芸能社 山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界 (双葉文庫) [文庫]
(>>前編「バーニング帝国復権の裏で暗闘」より)

こういった芸能界の裏の戦い自体は、あくまで内輪の戦いであり、とりたてて騒ぐことではない。それよりも問題なのは、今年は紅白歌合戦の出場者がなかなか決まらないのではないかと言われていること。しかも新旧覇権争いによるものではないのだ。

それは2年前にも芸能界を騒がせた暴力団排除条例、いわゆる暴排条例の影響だという。今年9月12日には、暴力団主催のパーティーで歌を披露し謝礼をもらったなどとして、東京都公安委員会が都内の60代男性タレントに勧告を行っている。

世間ではいつの間にか忘れられていた暴排条例が、突然芸能界に牙を向くことになったのだ。

「山口組が次世代を目指した新体制に動き出していると言われており、警察もかなりナーバスになっている。そういった闇社会への牽制のため、スケープゴートとして芸能界を狙ってくる可能性もあるのではないかと言うんです。暴力団との密接交際者の芸能人がパクられるなんて最悪のケースもあるかもしれない。先日、イケメンタレント事務所が所属グループのメンバーを突然クビにしましたが、このメンバーには闇社会との関係も噂されていたため、一連の流れが関係しているのではないかとも」(アウトロー誌ライター)

また今年一年は芸能を震撼させる事件も多かった。関西の大物フィクサーが芸能界のドンとヤクザの交友関係や、紅白関係者の枕営業を暴露。また、関東連合と芸能界の関係、みのもんたと右翼団体とのトラブル、大手レコード会社社長の薬物疑惑などが週刊誌に書きたてられるなど、芸能界の黒い一面が明らかになってきた。

「じつは先日ある芸能関係者が変死したんですが、以前から黒い噂がある人物だっただけに『紅白前に消されたんじゃないか』なんて言う人もいます」(中堅芸能事務所幹部)

NHKはこの流れを受けて、出場者の“身体検査”を厳しく行うのではないかと予測されており、それだけに選出までは時間がかかるのではないかとも言われている。

今年の最後の最後まで、芸能界は何が起きるのか全くわからない状況だ。

文/久本尚