ラーメン二郎の量が判明 最低でも1kg以上という脅威の数字


jiro日本のラーメンシーンにおいて、圧倒的なボリュームと濃厚さで人気を誇るラーメン二郎。そのマシマシな量についてはいままで推測されるのみだったのだが、食の情報サイト「NIKATATSUブログ」が二郎に重量計を持込み量を測り、公開。称賛の声を浴びている。

同ブログが計測した「小ラーメンの量」のランキングによれば「1位 八王子野猿街道店2 1139g」「2位 湘南藤沢店 1129g」「同率2位 神田神保町店 1129g」「4位 三田本店(夜の部) 1105g」「5位 新小金井街道店 1104g」「6位 茨城守谷店 1076g」「6位 亀戸店 1076g」「8位 三田本店(昼の部) 1075g」「9位 めじろ台法政大学前店 1044g」「10位 西台駅前店 1038g」などなど…34位までの計測を行っている。

この重量は、麺、豚、野菜などの具材、スープの一部量(スープは半分ぐらい残している)を計測したもの。ふつうのラーメンが300〜350g程度であることを考えると、その量は実に3倍以上という恐ろしい結果となった。たしかに二郎のカロリーは一食2000kcal程度と言われてきたし、それを裏付ける結果ともなった。

同じブログでは二郎の大ラーメンの量の計測や、大盛りで人気のやよい食堂の全メニュー制覇も行っている。す、すげえ!

参照元:NIKATATSUブログ

(文/編集部)


シェア