海外の流行「ラーメン食ったらアヴァンチュール」 日本のクールフードで愛を育む!?


ramen

ラーメンはアメリカをはじめ海外でも人気となっており、新たな日本料理として認知されてつつある。NYの一風堂などはつねに満員で、1時間待ちとなることなども。しかも一杯約1500円程度でさらにチップもつけると1800円になるし、日本では考えられない値段だ。今やラーメンを食べること自体がファッションになっているという。ラーメンの味は外国でも「美味い」と捉えられはじめてきたわけだが、味以外にも人気の理由があるという。

「先進的なニューヨーカーの間では、ラーメンは一種の強壮剤であり、アヴァンチュールのシンボルとして捉えているんです。ガーリックと動物のエキス、そして化学調味料が男女をホットにする。そして麺やスープをすする様は、下半身へのペッティングを思わせるから、ということらしいです。だからラーメンを男女で食べることその後のアヴァンチュールをするっていう象徴にもなっているんですよ」(NY在住のライター)

ラーメンが日常食となっている日本では考えられない光景だ。むしろ、ニンニクが入っているからそういうことの前に食べちゃだめなんじゃ…ぐらい。

「だから外国人が日本にきてラーメン屋に入るとびっくりするらしいです。男の一人客が多くて。特にラーメンオタクの存在にはびっくりするみたいですね。『彼らは彼女もつくらないでラーメンばかり食べてるのかい? 彼女と高まるためにある食べ物なのにね』なんて、ラーメン好きのアメリカ人の友人たちに言われましたよ」(同前)

海外で受け入れられていると聞くと、我々ラーメン好きな日本人としては嬉しいところ。でも、そういうシンボルにされるのはちょっと余計なお世話ですよ!

(文/高杢愛)