”熱中症対策”商品に疑問の声 バカ売れも「そこまで必要?」

熱中症対策商品アイキャッチ

熱中症対策商品
水分は大事です。
8月も終わりというのに猛暑が続いている。ピークこそ過ぎたようだが熱中症で搬送される人も依然として多く、気が抜けない状況が続いている。

この熱中症に備えるべく、”熱中症対策”を謳った商品がバカ売れしている。暑さがもたらした”熱い”展開にメーカーは笑いが止まらないのだという。

「熱中症対策なんて言っても、塩とかミネラルを入れるだけ。とにかく「熱中症」と「塩」をパッケージに入れておくだけで売れるんだから」(メーカー営業)

スーパーやコンビニには熱中症対策の商品専用の棚が設けられているが、そこに置かれているのは、変わり映えしない各社の”塩”のドリンクや飴。それでも飛ぶように売れていくのだという。作る側、売る側からすればこんなに簡単なことはない。

だが一方、この塩フィーバーを冷めた目で見る向きもある。

「今はコンビニだろうが外食だろうが味付けが濃いので、塩は摂り過ぎなんです。炎天下で体を使う仕事をしている人ならともかく、普通に仕事をしている人は、冷たい水やお茶で十分ですよ」(食品業界に詳しいジャーナリスト)

ろくに汗もかいていないのに、塩分を強化した食べ物を食べ続けていれば、当然健康にも悪い。

「だいたい単に塩をプラスした程度なのに、他のジュースより高めだったりしますからね。そんなに塩を取りたいんなら、岩塩でも持ち歩いてペロペロ舐めてればいいんじゃないですか? お金がもったいないですよ」(同)

熱中症対策なんて宣伝してても、所詮は塩水。無駄なお金を使うことなく、頭を使って暑い夏を乗り切ろう。

(文/行方アキヒデ)

シェア