中島知子、焼肉食べるとまた洗脳される? 関係者が叙々苑弁当を恐れる理由


凄いからだなのでちょっと見てみてください…→『中島知子写真集「幕間~makuai~」』
凄いからだなのでちょっと見てみてください…→『中島知子写真集「幕間~makuai~」』
映画主演でも囁かれる焼き肉の呪い?

11月9日に公開される映画「ハダカの美奈子」に、元オセロの中島知子(41)が主演する。激しい濡れ場シーンもある同作品への出演で完全復活する中島だが、それでもいまだに関係者の心配は絶えないという。特に周囲が気にしているのが、なんと叙々苑の弁当だというのだ。

「中島さんが占い師のもとで洗脳状態にあった時、よく叙々苑に焼き肉を食べに行ったり、同店の焼肉弁当を食べたりしてたんですよ。しかも最高に美味しい特上カルビを好んでいたようです。彼女が激太りしたのはそのせいだとも言われていたぐらいですから」(女性週刊誌記者)

中島が占い師とカルビのとりこになっていたのは知られているが、それがなぜ関係者の危惧につながるというのか。

美味いカルビが洗脳状態を作り出す

「フラッシュバックというんですが、人間の記憶がよみがえる時には、ある過去において印象的だった感覚とともに思い出してしまうんです。たとえば男に別れを告げられた時、ちょうど目の前に熱々のコーヒーがあったとしたら、コーヒーの匂いをかぐたびにその時のことが思い出されてしまうという」(科学誌ライター)

つまり焼き肉が、彼女を洗脳されていた頃に引き戻してしまうということなのだろうか。もう完全にふっきれているようにも見えるが…。

中島に焼き肉を食べさせるのは危険

「さきほど説明したような現象は、自分でどうこうできることではないんです。叙々苑のカルビ弁当や焼き肉を食べただけで、中島さんの脳が占い師との蜜月に一気にもどってしまう可能性があります。特に叙々苑の肉は美味いですから、強烈な記憶のトリガーとなっている可能性が高い。だから彼女を完全に脱洗脳するには、焼き肉を食べさせないのが一番です」(前出・ライター)

叙々苑の肉が、彼女をいまだに危険に引きこむ可能性があるというなら、そりゃあ関係者が心配するのもわかる。でもそんな彼女のことよりも、洗脳状態に戻すぐらい美味い叙々苑の焼き肉の方が興味深い。高いから行ったことないんですよね〜。

(文/東田節子)