猛暑続く日本で食の定番に変化


チャーハン
確かに暑苦しいかも……
7月26日の気になる食べ物関連ニュースをダイジェストでお送りします!

◆6月の外食は3・6%増 2カ月連続プラス 焼き肉回復、ファミレスやアイス店好調(産経WEB)

日本フードサービス協会による6月の外食産業市場動向調査によると、外食全店の売上高は前年より3.6%増加で、2ヶ月連続で前年を上回ったとのこと。梅雨ながら晴れの日が多く、気温も高めだったことから、ファミレスが好調だったようだ。メニュー別ではアイスクリームが9.7%増。暑くて家でご飯作るのも嫌になっちゃった?

◆子供の炒飯離れが進む 猛暑原因で夏休み昼食の定番に陰りも(NEWSポストセブン)

かつて”夏休みの昼ごはん”の定番だったチャーハンがその座を追われつつあるとのこと。最近の夏はとにかく暑いので火を使った調理が敬遠されるらしく、電子レンジや水でほぐすだけの麺類などが好調なのだそうだ。この”猛暑メシ”について専門家は「タンパク質不足」を危惧しているとのこと。記事では枝豆を押してますけど、やっぱり暑いのガマンして肉ですよ肉。肉食ってりゃ間違いありません!

◆食中毒:日向の式場で22人に症状 /宮崎(毎日新聞)

◆病原性大腸菌:園児9人集団感染??都城 /宮崎(毎日新聞)

◆福岡市のホテル、食中毒で調理場を営業停止

◆東山の飲食店で6人が食中毒症状 京都(産経WEB)

各地で食中毒が発生中。夏に食中毒が発生しやすいのは一般家庭も同じなので、みなさんもお気をつけ下さい。

◆食品メーカーから「宇宙日本食」を募集 JAXA(ハザードラボ)

JAXAが日本の食品メーカーに「宇宙日本食」を募集するとのこと。日本人宇宙飛行士も増えてきたし、やっぱり長い旅行で食事は大切ですもんね。あくまで食品メーカー対象なので、自作の宇宙食を送りつけるのはやめましょう。僕らも控えます。

(文/編集部)


シェア