京たこで1986年の少年ジャンプ発見! 吉祥寺店は漫画も充実した超名店

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-24-6
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-24-6

タコ焼きチェーンのさきがけ京たこ

「揚げたこ焼き」と称される築地銀だこのブームにより、ほとんど見なくなってしまったと言われているのが、たこ焼きチェーン・京たこだ。90年代初頭のたこ焼きブームの中で、渋谷センター街に出店するなどして勢いを見せたのも、今は昔となってしまった。現在は直営・フランチャイズをあわせて全国に約40店舗を展開している。

もぐもぐとしては、そんな京たこの吉祥寺店をオススメしたい! そして持ち帰りではなく、この店のイートインをぜひとも使って欲しいのだ! というのも吉祥寺店は漫画が充実しており、どこかの古本屋でゲットしたと思われる、1986年と87年の週刊少年ジャンプが置かれているのである。

ジャンプの上のマガジンは最近のもの。
ジャンプの上のマガジンは最近のもの。

いにしえのジャンプを読んでビールも飲める!

86年のジャンプを開いてみると、「ついでにとんちんかん」「県立海空高校野球部員山下たろーくん」「ゴッドサイダー」「北斗の拳」「男塾」「ドラゴンボール」「聖闘士星矢」「ハイスクール奇面組」など、40〜30代のオッサンにとっては嬉しすぎる、錚々たるメンツが揃っており、それだけでもう涙が出そう。このジャンプを読みながら、大ぶりのたこ焼きを食べて、250円のスーパードライを飲んでいると幸せなことこのうえない。

店のおすすめ「ネギマヨ」(520円)は駄菓子チックな見た目が最高!
店のおすすめ「ネギマヨ」(520円)は駄菓子チックな見た目が最高!

ちなみに他にも廉価版のコンビニコミックが並んでおり、「シグルイ」「華麗なる食卓」「金と銀」「毎日かあさん」…など最近の作品も読めるので、吉祥寺で時間を潰すときには最高だぞ! ちなみに外はふんわり、中もふんわりなたこ焼きも超美味い!

ちなみに87年のジャンプの裏表紙。奇面組のカップ欲しい、唯ちゃんかわいい!
ちなみに87年のジャンプの裏表紙。奇面組のカップ欲しい、唯ちゃんかわいい! こんなCMがやってたそうです。http://setuna.sp.land.to/top/top11/top114-kimencup2.html

文/石川雄一a.k.a.蛸BOY