ちゃんこ鍋&コーヒーの組み合わせは最高の健康ごはん! 角界秘伝のレシピがネスカフェ原宿で味わえる

野菜たっぷりのちゃんこ鍋とコーヒーを合わせてとると、ポリフェノールたっぷりで、超健康食だということはご存知だろうか? そんな話を証明できそうな、スペシャルなイベントが原宿で開催されて話題を呼んでいる!

現在ネスカフェ 原宿では、陸奥(みちのく)部屋とコラボして「陸奥部屋 ポリフェノールたっぷり ちゃんこ鍋セット」(コーヒー付き)を1月26日までの期間限定で提供中。これはポリフェノール摂取の習慣を提案するネスレによるユニークな企画だ。

記者会見で提供されたちゃんこ鍋。実際に陸奥部屋から持ってきた鍋で作られたもの。

今回提供されるちゃんこ鍋は、陸奥部屋の力士たちが日常的に食べられているレシピをベースに、ポリフェノールがたっぷり含まれる10種類以上の食材を使った、身体に嬉しすぎる逸品。ポリフェノールは活性酵素と戦う「抗酸化物質」の一つで、人々の健康維持には大きく寄与するもの。同じくこれがたっぷり入ったコーヒーと合わせれば、この寒くて乾燥した季節、みんなの身体をサポートしてくれるはず。

左がこの時のちゃんこを作った霧丸関。

そんなちゃんこの味はもちろん格別! 陸奥部屋の13代目陸奥親方といえば元大関霧島で、そのお店「ちゃんこ霧島」もちゃんこ料理店として有名だ。醤油味ベースのスープに味噌を加えているのがポイントで、相撲部屋のちゃんこではあまり使われない薄口醤油が使われている。具材は、豚肉、大根、白菜、えのき、しめじ、人参、玉ねぎ、青梗菜がたっぷり。

そんな“秘伝の味”は最高に美味しい。たくさんの具材を使ってしっかりと煮込むことで、食材の味を存分に引き出している。フレッシュでありつつ、一般家庭の鍋の締めのタイミングにくるようなクライマックスな美味しさ。記者会見に集まった報道陣も、取材そっちのけでちゃんこを楽しむ人が続出したのを見れば、その味わいも知れようというもの。

(右)元大関・霧島で陸奥部屋親方の陸奥一博さん。(中)霧馬山関。

それに、ちゃんこ料理は専門店で食べるには、2人前以上からだったり、ほかの料理も頼めばそこそこのお値段に。だが今回のイベントなら、リーズナブルに食べることができるのもポイントの一つだ。それに野菜たっぷりなので、陸奥親方によれば「一般の人が食べても太らないでしょう(笑)」とのことだ。

今回の記者会見では霧島親方と、2020年1月場所より新入幕となる陸奥部屋の現役力士 霧馬山関が登壇。「NESCAFE」のロゴをデザインした化粧まわしの贈呈式が行われた。なぜ、そんなことになったのか、ネスレと陸奥部屋の関係も興味深い。

2015年から陸奥部屋では、ネスレのコーヒーマシンを設置していて、多くの力士たちが稽古の合間に楽しんでいるという。また巡業中にもバリスタマシンを持っていくほど、暮らしの中に溶け込んでいるそうだ。

自分の似顔絵が刺繍された新しい化粧廻しを見て、霧馬山関は照れながら「これは嬉しいですね! 素晴らしい、頑張れます!」と語っていた。またフォトセッション時には、自らの申し出て、コーヒーを片手に化粧まわしと同じポーズをとるおちゃめな一面ものぞかせた。

今回の「陸奥部屋 ポリフェノールたっぷり ちゃんこ鍋セット」の価格は1000円(税込)なのだが、1月12日~26日に開催される大相撲1月場所で、霧馬山関が白星となった翌日には、このセットが半額の500円(税込)で提供される。霧馬山関を応援しつつ、ぜひとも秘伝のちゃんこを味わってみて!

<詳細>
「陸奥部屋 ポリフェノールたっぷり ちゃんこ鍋セット」
提供場所 ネスカフェ 原宿内 (東京都渋谷区神宮前1-22-8)
期間 2020年1月8日(水)~1月26日(日)11時から21時(ラストオーダー20時)
価格 1000円(税込み)

シェア