EU食材と日本食材は意外なほどマッチング! 食イベント「ENJOY EU Village!」で川島海荷も大絶賛


「ENJOY EU Village! ~ヨーロッパと日本食材のパーフェクト・マッチを楽しむ10日間」といえば、現在東京・表参道の「COMMUNE」にて、EU(欧州連合)主催で開催された注目のイベントだ。「美味しいヨーロッパ食材を日本の日常の食卓に」をコンセプトに、今年10月から日本各地で開催されているEU食品啓蒙イベント「Enjoy EU Food」の一環となる。

注目されるEU食材

EU食材は日本ではあらためて見直されている。同イベントの中でも強調されているように、「Quality(高品質)」「Authenticity(本物)」「Safety(安全性)」といった良さがあるからだ。たとえば資料を見てみると

【「Safety(安全性)」:ヨーロッパの食品と農業は健康と消費者保護、そして製品の安全性に関して厳格な法律を遵守している。ヨーロッパの製品は収穫から食卓まで、その道筋を辿ることが出来ます。この原則のもと、安全を脅かす恐れのある製品は素早く選別され取り除くことが可能なのです。】

と書いてあるように、トレーサビリティなど安全性の高さが、他の海外地域に比べて高いと言われているからだ。また品質保持のシステムに「PDO(PROTECTED DESIGNATION OF ORIGIN)」、「PGI(PROTECTED GEOGRAPHICAL INDICATION」、「EUオーガニック認証」といった認証方式を採用しており、安全で安心できる食材を選びやすいという点も評価されている。

EU食材と日本食材の意外なペアリングが楽しめる

今回の「ENJOY EU Village! ではそんなEU食材の魅力を、無料で実際に食べて体験することができる。そしてユニークなのは、日本食材とのペアリングさせているという点だ。

たとえば「デンマーク産バター×豚汁」「ドイツ産燻製生ハム×さばの押し寿司」「ハンガリー産パプリカパウダーxシャケおにぎり」「ギリシャ産ドライイチジク×秋刀魚」といった、意外性のある日本食材とEU食材を組み合わせた全40のペアリングメニューを、無料で楽しむことができる。

これらは4つのメニューが日替わりで無料提供されるほか、COMMUNE常設店舗とのコラボメニューや、EU食品・飲料にまつわるセミナーやワークショップ、トートバッグの配布なども行われる。

オープニングイベントで実際に食べてみたのだが、「デンマーク産バター×豚汁」は、バターが豚汁に深いコクと香りを与えており、いつもの豚汁がラグジュアリーな味わいに。

「ドイツ産生ハム×さばの押し寿司」は、サバ寿司の爽やかな味わいに、上品なハムの脂の旨さが加わって、味に美味しい厚みが出る。

「ハンガリー産パプリカパウダーxシャケおにぎり」は鮭とパプリカの色合いが美しい一品。またパプリカの香りが意外な風味を与えている。

そこで感じたのは、EU食品の持つ繊細な風味や味わいの良さだ。日本とは異なった風土で大事に作られたこれらの食材は、同じく丁寧に作られた日本の食材と、素晴らしい味の相乗効果を持つ。そこには組み合わせの妙があると思うが、本イベントで出されているものは、大いに参考になるだろう。

一般の人はもとより、飲食関係の人にとっても、本イベントは大いに勉強になるはずだ。


川島海荷もEU食材と日本食材のペアリングを絶賛

オープニングイベントでは、駐日欧州連合代表部通商部公使参事官部長のマリュット・ハンノネン女史が登壇。「2019年はヨーロッパと日本にとって大変重要な年でした。経済連携協定が発効されたからです。今後日本市場にヨーロッパの様々な食材が入ってくることは喜ばしい限りです。消費者に健康的で栄養価が高くバランスのとれた食生活をより届けられるからです」と語った。また今後も「ワクワクするプログラム」を計画中だという。

また、その後には、スペシャルゲストで女優の川島海荷さんと、今回のイベントでメニューの一部を監修した料理研究家のベリッシモ・フランチェスコ氏が登場。川島さんとベリッシモ氏によるイベントメニューの「イタリア産オリーブオイルと豆腐のカプレーゼ」の試作&試食会が行われた。

このメニューはモッツァレラチーズのかわりに木綿豆腐を使って、バジル、九州産のミニトマト、ギリシャ産オレガノ、イタリア産オリーブオイルを合わせたもの。

ベリッシモ氏と談笑しながらメニューを作った川島さんは「オレガノさえあれば、家にあるもので簡単に作れそうですよね! 他のペアリングメニューもぜひ家で作ってみたいです」そして味については「こんなに美味しいのにヘルシーで感動しました!」と語った。

本イベントだけではなく、昨年は様々なEU食材を魅力を紹介するイベントが開催された。今後、EU食材が日本の食卓にもっと広がりそうだ。食料品店や通販などでEU食材を見かけたら、ぜひともチェックしてみて欲しい。

<詳細>
※本イベントはすでに終了しております。
「ENJOY EU Village! ~ヨーロッパと日本食材のパーフェクト・マッチを楽しむ10日間」
会場:COMMUNE(表参道)
東京都港区南青山3丁目13
2019年12月6日~15日
営業時間:11~16時

https://www.enjoyeurope.jp/eu-village


シェア