東郷神社とグローバルプロデュースがコラボ “東京一かっこいい夏祭り”が開催、「東京美人PROJECT」の披露も

東京美人project

東京原宿にある東郷神社と、グローバルプロデュース社の共催となる「GLOBAL PRODUCE presents 原宿夏祭り2019 at 東郷神社」が8月23日(金)に開催され、多くの参加者がつめかけた。

グローバルプロデュース社(代表・光畑真樹氏)は、イベントプロデュースカンパニーとして、日本のプロサッカーリーグのキックオフカンファレンス、周年イベント、新製品発表会などで、国内外大手のイベントを手がける気鋭の企業。そのクリエイティブで斬新なステージデザインや演出は、業界内でも大きな注目を集めている。

そんな同社が、東郷平八郎元帥を祀る東郷神社と共催とする夏祭りというだけに、イベント業界だけではなく、メディアやファッション、アートなど様々なシーンで注目を集めていた。

東郷神社

東郷神社にエンタメ祝祭空間が

東郷神社の厳粛な空間の中に、突如として現れた盆踊りの櫓、そして焼きそば、フランクフルト、射的、金魚すくいなどのきらびやかな屋台や、似顔絵や占いコーナーも。そしてクラシックな屋台だけではなく、各地で話題のキッチンカーも登場し、これまでにないエンターテイメントな雰囲気となっていた。

GLOBAL PRODUCE presents 原宿夏祭り2019 at 東郷神社

金魚すくい

たとえばキッチンカーは、都内でローストビーフの移動販売を手がけ人気の「GRIL TOKYO」や、和牛を使ったハヤシライスやオムライスで話題を集めている「Jigemon」などが集結。また富士山の天然水を使ったかき氷店「BeBe」の屋台が出店し、果汁300%まで濃縮したというシロップを使った甘夏のかき氷(500円)を提供。

普段そうそう食べられない人気店のキッチンカーや屋台のまさかの登場に、多くの参加客がつめかけていた。

“東京一かっこいい夏祭り”という評判の通り、参加者の舌を楽しませるだけではなく、目でも楽しませていたのが印象的。本殿の門前には巨大な氷のオブジェが配置され、その清涼で重厚な雰囲気が、東郷神社の荘厳さを際立たせた。


手水舎(神社で手水を使うところ)には、色とりどりの花が浮かべられ、蒸し暑い夏の夜にもかかわらず、参加者から「見ているだけで涼しくなる」「近くにいると気持ちがいい」といった声があがっていた。

東郷神社手水舎

また場内には浮世絵師・歌川国芳の描いた猫のキャラクターを随所に配置。あちらこちらにある可愛らしい猫の小型看板を多くの参加者がスマートフォンで撮影していた。

東郷神社の神聖な雰囲気を壊すことなく、それでいて雑多で楽しい夏祭りらしい雰囲気の演出は、グローバルプロデュース社ならではの手腕が光っていたと言えるだろう。

「東京美人PROJECT」選抜メンバーのおもてなしも

また、参加者の目を楽しませたのが(特に男性!)、“おもてなしのプロフェッショナル集団”「東京美人PROJECT」のお披露目会も開催。

「東京美人PROJECT」は、東京オリンピックを目前にして、インバウンド需要が高まっている昨今の日本で、語学や日本文化、おもてなしに精通した人材を提供するためのプロジェクト。おもてなしのプロ不足が懸念される中、グローバルプロデュース社が「東京美人 PROJECT」を通じて、育成したプロによる、魅力溢れる体験を提供することを目的としている。

コンセプトである“よりリアルな感動体験を世界中の人たちに伝える事”「OMOTENASHI TO YOU!」のもと、MCや通訳、アテンドなどの活動を通して、時代を先駆ける新しい日本人女性像を世界に発信するという、大きなプロジェクトだ。

イベント当日は今後活躍が期待される選抜メンバーが登壇し空手や英会話を披露した他、お神酒を振る舞ったり、櫓の上で盆踊りを披露したりするなど、多くの参加者を“おもてなし”で楽しませていた。

東京美人project
東郷神社盆踊り

日本全国を見渡すと消滅や、存続が危ぶまれている祭りもある中、東郷神社とグローバルプロデュース社が見せたのは、まったく新しい祭りの形。実際に、参加者の多くがスマートフォンで祭りの様子を撮影し、SNSに投稿していたことからも、祭りをその場の楽しさだけは終わらせず、多くの人にその楽しさが拡散。参加者のみならず、それを写真や動画で見た人にも、この夏祭りを体験させたと言えるだろう。

このお祭りは来年も計画中とのこと。来年はどのような形になるのか、大いに期待したい。


シェア