【比較】甘くて爽やか!夏にぴったりのスイカジュースを4種飲み比べ!一番スイカらしいのはどれだ!?

 

スイカは夏の代表的な風物詩の1つ。みずみずしい味わいと甘味は熱く火照った体をひんやりと癒やしてくれる至高の食べ物だ。今回は、これからの時期に味わいたいスイカがドリンクとなった『スイカジュース4種類の飲み比べ』をしてみたい。登場するのは『CHABAA(チャバ)果汁100% イエローウォーターメロンジュース』『H2COCO ウォーターメロンウォーター(スイカジュース)果汁100%』『ワットアメロン ウォーターメロンウォーター』『キリン メッツ 超刺激スイカ』の4種類。味はもちろん、スイカらしさやお手軽感などにも注目して検証してみよう。

 

水分たっぷりだからジュースにしてもさっぱり飲める!熱中症対策にも

近年、流行の兆しをみせつつあるスイカジュースをあなたは飲んだことがあるだろうか。いまだタピオカミルクティーが勢力を伸ばしつつあるが、この時期になるとスーパーやコンビニでは棚を埋め尽くす光景を目にする。昨年は今ひとつだったが、今年はさらにその数が増えている印象だ。

oldtakasuさんによる写真ACからの写真

日本ではまだ馴染みのないスイカジュースだが、フルーツ王国タイではメジャーなドリンクとして親しまれている。蒸し暑い国という特徴もあり、熱中症対策として飲まれることもあるようだ。スイカは89.6%が水分なので、食べるよりも飲んだ方が効率よく水分を摂取できる。

 

 

とはいえ、私たちはスイカを熱中症対策として飲みたいわけではない。みずみずしく甘い味わいを楽しみたいのだ。まだまだ情報の少ないスイカジュースにいち早く注目し、飲んでみたいと思っているあなたの参考になるように比較しながら食レポをお届けする。

 

今回検証するのは次の4種類。

  • HARUNA『CHABAA(チャバ)果汁100% イエローウォーターメロンジュース』
  • シナジートレーディング『H2COCO ウォーターメロンウォーター(スイカジュース)果汁100%』
  • WATER BOMB『ワットアメロン ウォーターメロンウォーター』
  • キリンビバレッジ『キリン メッツ 超刺激スイカ』

それではさっそく検証スタート!

 

HARUNA『CHABAA 果汁100% イエローウォーターメロンジュース』

1番手は、昨年夏に日本で発売された本格スイカジュースの「CHABAAウォーターメロンジュース」の発展商品『CHABAA 果汁100% イエローウォーターメロンジュース』。スイカと言えば赤が一般的だが、あえて黄色のスイカを使用し意外性を狙った商品となっている。

ナチュラルローソンで購入 180mlパック・実勢価格 税込214円・2019年5月21日発売

元々スイカの原種は黄色だったが、品種改良などが進み赤の方がメジャーとなったという背景がある。そのため、原産国であるタイでも黄色いスイカを栽培している農園は少なく、開発にあたり国中を探し回ったようだ。

製造工程も「CHABAAウォーターメロンジュース」とは異なる

指定農園から直送されたスイカは、皮を剥いて搾汁する「産直フレッシュスクラッチ製法」(※商標登録申請中)を取り入れて作られている。もちろん果汁100%、着色料・香料・人工甘味料は不使用だ。

容器は180mlの紙パック。鮮やかなメタリックブルーに黄色のスイカが描かれた夏らしいデザインとなっている。それでは付属のストローを刺してゴクリとひと口。

180mlあたりのエネルギーは55.8kcal、糖質は約14g

期待通り、スイカのみずみずしい味わいが口中に広がる。サラサラとしており、ほんのりとしたまろやかな甘味がとても美味しい。

果汁100%ではあるが、ほんの少々のレモン果汁が入っているのもこの商品ならではの特徴。日本ではスイカに塩が定番だが、イタリアなどの海外ではレモンを入れて酸味とのかけ算を楽しむのが一般的だ。塩とは別の角度で甘味を際立たせてくれるので、よりスッキリとした味わいを楽しむことができる。

ぱっと見はオレンジジュースのようだが、間違いなくスイカジュースだ

甘いだけではなく、若干風味に青臭さが入っているのも面白い。苦手な人もいるだろうが、アクセント程度でなので気にせずゴクゴクと飲める。180mlが少し物足りないのが残念。せめて300mlくらいは欲しいところ。それくらい飲みやすく、そしてまろやかな甘みを楽しめるスイカジュースだ。

 

公式サイト

 

シナジートレーディング『H2COCO ウォーターメロン ウォーター (スイカジュース)』

次に検証するのはシナジートレーディングが輸入販売する『H2COCO ウォーターメロン ウォーター (スイカジュース)』。砂糖や添加物は不使用、酸化防止剤も入っていない文字通り果汁100%ストレートスイカジュースである。

ナチュラルローソンで購入 500mlパック・実勢価格 税込454円・発売中

原産国は先程と同じタイだが、こちらは一般的な赤いスイカを使用。スイカの断面を印刷した大胆なパッケージデザインは、実に海外らしい。

500mlあたりのエネルギーは175kcal、糖質は約29g

容量は500mlと多め。キャップ式のため、数回に分けて飲めるのも嬉しいポイントだ。トクトクとコップに注いでいただきます。

NOコレステロール、無脂肪、グルテンフリー、コーシャ認定商品

果汁100%だが、全体的にさっぱりとした味わい。甘さも控えめでサラサラとしている。薄いわけではないのだが、果汁というよりはスイカウォーターを飲んでいるという印象。

気になったのはスイカ特有の青臭い香り。包み隠さずそれをそのまま感じられるのだが、先ほどと違い、口に残るので好みが分かれるかもしれない。原材料はスイカのみなので当たり前ではあるかもしれないが。

濃厚な赤色は4種類中1番

凍らせて食べるという楽しみ方も推奨されているので、シャーベットにしたりかき氷にして食べるのも面白そうだ。

 

シナジートレーディング商品サイト

 

ウィッシュカンパニー 『ワットアメロン ウォーターメロンウォーター』

3つ目は、スペイン産のスイカを使用した『ワットアメロン ウォーターメロンウォーター』。イギリスのWATERBOMB社が製造する商品をウィッシュカンパニー が輸入し、この夏日本に初上陸した2019年限定販売のスイカジュースだ。

ナチュラルローソンで購入 330mlパック・実勢価格 税込540円・発売中

果汁は82%と先の2つと比べると少なめ。また、レモンとの混合果汁のため、スイカの割合は実際にはもっと少ない。ほんの少々のレモン果汁が入った『CHABAA 果汁100% イエローウォーターメロンジュース』と違い、完全にブレンドされたドリンクというわけだ。

330mlあたりのエネルギーは79.2kcal、糖質は約17.8g

商品説明にも夏の水分補給におすすめと書かれているように、熱中症予防の面も併せ持っているのが本商品の特徴だろう。

香りはかなり華やか。レモンによる効果だろう

それを反映するように、甘さはかなり控えめでキュッとしまった味に仕上がっている。レモンの酸味がかなり効いているのだが、若干えぐみを感じる様な気もする。スイカの甘さを求めている舌とは少々合わないだろう。

若干白濁とした赤の液色

スイカジュースという視点を外せばアリかもしれないが、なかなか評価の難しい味わい。熱中症対策と割り切れば問題はないのだが……。キャップ付きでいつでも飲めるのは嬉しいが、価格が高めなので購入時にはお財布と相談したいところだ。

 

ウィッシュカンパニー公式サイト

 

キリンビバレッジ『キリン メッツ 超刺激スイカ』

最後はお馴染み「キリン メッツ」ブランドより、初となるスイカフレーバー『キリン メッツ 超刺激スイカ』だ。夏で連想する果物第1位※がスイカだったことから開発されたドリンクである。※2018年キリンビバレッジ調べ

厳密にはスイカは野菜だが、細かいことは置いておこう。480mlPET・希望小売価格 税抜140円・2019年7月9日発売

注意点としては、他の3商品と違い無果汁であること。第一印象としてはマイナスだが、美味しさと果汁率は別の話。いかにスイカの爽やかで甘い味わいを再現しているのかに注目したい。

480mlあたりのエネルギーは72kcal、糖質は約18g

ぐいっとあごを上げて喉を鳴らすと、「超刺激スパークル製法」で仕上げられた強炭酸が舌や喉を刺激する。爽快感はスイカフレーバーでも健在だ。

肝心の味わいだが、一番に感じるのは砂糖類による甘さ。100%果汁の後に飲むと全く違うのは明白だが、美味しいことは確か。ほんのりとスイカの香りはするものの、知らずに飲んだら分からない程度なので、純粋に炭酸飲料として楽しむ方が良いだろう。

液色はうっすらと赤みがかっている程度

隠し味に塩が使われており、スイカにかけたときのあまじょっぱさを表現しているらしいが、炭酸が強すぎるためかあまり実感できなかった。

香りに青臭さはなく爽やかさだけを感じられるので、スイカが苦手な人でも美味しく飲める仕上がりとなっている。ひんやりとした飲み心地と強炭酸の爽快感は夏に文句なしの1品。

 

商品サイト

 

四者四様の表現の仕方。同じ100%果汁でも全く違う味わいに

4種類を通して感じたのは、方向性が全く違うということ。『CHABAA 果汁100% イエローウォーターメロンジュース』は、スイカの甘味を全面に引き出した味にこだわった仕上がり、『H2COCO ウォーターメロン ウォーター (スイカジュース)』はいいところも悪いところも、そのまま楽しめる仕上がりに。

左から『CHABAA 果汁100% イエローウォーターメロンジュース』、『ワットアメロンウォーターメロンウォータ』、『H2COCO ウォーターメロン ウォーター (スイカジュース)』、『キリン メッツ 超刺激スイカ』

『ワットアメロンウォーターメロンウォーター』は、スイカとレモンのブレンドジュースと表現するのが正しく、キュッとした味わいが楽しめた。『キリン メッツ 超刺激スイカ』は、強炭酸とひんやりとした飲み心地で爽快感を体感できた。

 

共通しているのはさっぱり感。スイカジュースというだけあっていずれもサラッとしており、ゴクゴクと飲みやすい。値段幅も広いので、コスパなども踏まえてぴったりの商品を楽しんでみてほしい。

 



記事/おためし新商品ナビ

シェア