甘い『スティング エナジー〈ゴールド〉』、辛い仕事前だからこそ飲みたい日本初上陸の新エナドリ!

 

休むことなく動き続ける現代社会、働き方改革が施行されても休憩や睡眠を十分にとらずに働く人も少なくない。やりたいこと、やらなければならないことがたくさんあることだろう。そんな時に試してほしいのがサントリー食品インターナショナル『スティング エナジー〈ゴールド〉』。手軽に元気な気分になりたいと願うあなたに向けた日本初上陸のエナジードリンクだ。

 

炭酸普通・甘さマシ・カフェイン控えめ。すんなり飲みやすいエナジードリンク

忙しなく回り続ける社会の速度に比例するように、成長を続けるエナジードリンク市場。国内でも、「レッドブル」や「モンスターエナジー」をはじめ数多くのエナジードリンクが働く私たちを支え続けてくれている。

商品名の「STING(スティング)」は「チクリと刺す」「とどめを刺す」という意味。転じてスラングでは「騙す」という意味もある。意味深…

そんな血気盛んな市場に、東南アジアを中心に伸長しているブランドである「STING]が日本初上陸。その名も『スティング エナジー〈ゴールド〉』(250ml缶・希望小売価格 税抜170円・2019年5月28日発売※自販機限定)だ。

サントリー食品インターナショナルより発売された本商品のコンセプトは「スターティングエナジー」。アクティブに動き始める前に飲用するために開発された1本で、炭酸の刺激と甘濃い味わいを楽しめるようになっている。

その他の成分(100mlあたり):ビタミンB6 0.9mg、ナイアシン 9.9mg、 パントテン酸 0.6~4.8mg、カリウム 10mg未満、リン 約30mg

缶デザインは、サソリがモチーフのロゴの入ったカッコよさとシンプルを両立。プロモーションには、オリジナルキャラクター「サソリ戦隊 STINGERS(スティンガーズ)」が活躍するスペシャルWEBムービーが公開されている。

気になる成分は、アミノ酸の一種であるアルギニンは主なエナジードリンクと同程度だが、カフェインは控えめ。そのため、カフェインが苦手な人には向いているといえるだろう。

プルタブを開けると、炭酸の弾けたしぶきとともに華やかなトロピカルフレーバーが広がる。エナジードリンク特有の臭いはあまり感じない。

仕事前の忙しくなる前をイメージして、ゴクゴクっと勢いづけて飲み込んでみた。

一番に感じるのはその甘さ。高めの糖配合となっているためかメジャーなエナジードリンクよりもしっかりとした甘味が感じられる。砂糖によるものなので人工甘味料が苦手な人にも飲みやすいサラッとした味わいだ。

炭酸の刺激は普通と言ったところ。強炭酸とうたっているものの、炭酸の刺激によるスッキリ度はいまいち。とはいえ、その分飲みやすいので特に気にはならない。エナジードリンク特有の薬っぽい匂いが全く無いわけではないが、トロピカルフレーバーのおかげで飲みやすいのが嬉しい。

1本あたり162.5kcal、糖質約40.5gと高め

頭や体をフルに動かすには糖は必要不可欠。カフェインやアルギニンによるチャージはもちろん、糖もサッと摂取したいときに飲みやすい1品だと感じた。

 

全国の自動販売機限定で発売中。

 



記事/おためし新商品ナビ

シェア