『キリン一番搾り生ビール』発売30年目を目前に1年半でリニューアル! 何が変わった、どう変わった!?

 

キリンビールの定番ビール主力商品『キリン一番搾り生ビール』が1年半ぶりにリニューアル。来年で発売から30年目を迎える、および消費増税前というタイミングで、さらに美味しく進化した。もちろん味の進化だけではなく、「一番搾り」史上最大規模のプロモーション・キャンペーンを展開中。いったい「一番搾り」は、どんな進化を遂げたのだろうか。実際に飲んでチェックしてみる。

 

「一番搾り」リニューアル、史上最大規模のプロモーション!

キリンビール“ド定番”ビール飲料『キリン一番絞り生ビール』(350ml・実勢価格税込約195円・発売中)。1990年の発売以降、同社のビール飲料商品では主力として30年間近く、ユーザーの支持を集めてきた。そんな「一番搾り」が、このほどリニューアル。さらに美味しく進化し、2019年4月上旬から順次切り替わっているという。

リニューアルされた『キリン一番絞り生ビール』(350ml缶の前・背面)

キリンビールでは、この「一番搾り」をビール飲料のメインコンテンツとして、さまざまなスピンオフ商品を企画・発売してきた。

 

 

もはや説明する必要もないほど有名だが、この「キリン一番搾り生ビール」は、一番搾り麦汁だけを使って作られた贅沢なビール。2009年3月から、麦芽100%のオールドモルト生ビールに仕様が変更され、より本格的なビールを好む人から支持を集めている。

原材料名が麦芽、ホップのみ。米やコーンスターチを使っていない本格的なビールが「一番搾り」だ

「一番搾り」は2017年にリニューアルされたが、今回は調和の取れた雑味のない味わいをさらに進化。「ビールの魅力化」をさらに推進することを目的としている。

 

また、前回のリニューアル時を超える大々的なプロモーション・キャンペーンを展開。

リニューアルキャンペーンのイメージキャラクターたちも「一番搾り」を美味そうに飲んでいる

今回のリニューアルキャンペーンには、イメージキャラクターとして俳優の堤真一満島ひかり鈴木亮平石田ゆり子を起用。それぞれのテレビCMが放送中なので、すでに目にした人も多いだろう。

さらに、「一番搾り」がリニューアルされてから、まだ飲んでいない俳優の濱田岳を堤真一が引っ張ってきて、お勧めして飲ませるテレビCMのバリエーションまで用意する力の入れよう。

さらに、今回のリニューアルでは300万人規模のサンプリングをはじめ、飲食店4万店でのブランディング、「一番搾り」リニューアル史上最大規模の新広告キャンペーン実施するなど、さらに美味しくなった「一番搾り」を大々的に訴求している。

 

それでは、実際に新しくなった「キリン一番搾り生ビール」を飲んで、その進化を探ってみよう。

 

「これぞビール!」と思わず唸るほどの美味しさ

従来より「一番搾りロゴ」「しずくマーク」を大きく配置した新パッケージ

リニューアルされた「キリン一番搾り生ビール」の缶を手に取ってみると、まずは印象度がアップしたパッケージデザインになっていることに気づく。具体的には「一番搾り」という商品名のロゴと、ビールの「しずくマーク」が大きくなっている点。美味しさと高品質の印象がアップしている。

缶の背面は「新おいしい!」とリニューアルを強くアピール

それでは、さっそくグラスに注いでみる。

黄金色に輝く液体が飲みたい気持ちをかき立てる。「一番搾り」は麦の美味しいところだけを絞る「一番搾り製法」を基本として、ホップの配合を工夫することで澄んだ麦の旨味とホップの旨味が調和し、飲み飽きない味わいを実現している。これが30年間、愛され続けてきた理由なのだろう。

ひと口飲むと、すぐにわかる上品な麦の旨味が口の中に広がる。やっぱり本当のビールは美味いなと、ふだん新ジャンルを飲んでいる筆者に思わせてくれる。まさに「This is ビール」という味わいと喉ごしを楽しむことができた。

 

Twitterに投稿すると6缶パックがもらえる…かも!

なお、現在Twitterでリニューアルされた「キリン一番搾り生ビール」の感想と期待の声を「#新おいしい」「#新一番搾り」のハッシュタグとともにツイートすると、抽選で1,000名に「キリン一番搾り生ビール」6缶パック(350ml×6本)がプレゼントされるキャンペーンを実施中! 今すぐ「キリン一番搾り生ビール」公式アカウントをフォローして投稿しよう! 締切は2019年9月30日の24時。

 

なお、新しい「キリン一番搾り生ビール」の購入はキリン公式オンライン通販サイト「DRiNX」または、全国のスーパー、コンビニなどへ!

 



記事/おためし新商品ナビ