華やかな桜色の瓶とかわいらしいデザインに気分が上がる! 贈る人も贈られる人もうれしい甘酒『サクラサク』をおためし!

 

本格的な冬の寒さが続いてくると、桜咲くあたたかな春が待ち遠しくなるもの。桜咲く春を信じて頑張る受験生のプレゼントに、春の足音がだいぶ近づいてくる初節句のテーブルに、贈るときっと喜ばれる『サクラサク』をおためししてみた。

 

とにかくすべてがかわいい!もらった人を笑顔にするデザイン

様々な糀ドリンクを企画販売し、近年の甘酒ブームを牽引している株式会社和僑商店古町糀製造所(新潟県新潟市)が毎年、立春に3,000本を春限定で発売する甘酒『サクラサク』(500ml瓶・税込1,296円・2019年2月4日発売)。コンセプトは「新しい門出を迎えるあの人への贈り物」 古町糀製造所古町本店は新潟を代表する白山神社の参道にあり、『サクラサク』は合格祈願に訪れる受験生や家族にゲン担ぎとして親しまれてきた縁起の良い商品なのだ。

『サクラサク』は春の象徴である桜がモチーフとなっていて、満開に開く桜の花をあしらったパッケージだけでなく、口に含むとまるで桜餅のようなしっとりとした甘さを感じることができる。

新潟県産のおいしいお米、丁寧に仕込まれた糀、桜葉のペーストがなめらかに混じり合い、桜色の甘酒は見た目だけでなく上品な口当たりと舌ざわりを楽しませてくれる。

甘酒には「飲む点滴」とも言われるほどの栄養がぎっしりつまっているので受験に向けた最後の体調管理に大活躍すること間違いなし。

天然のブドウ糖は勉強で疲れた脳を休ませてくれたり、集中力アップの手助けや、糀に含まれるビタミンBは代謝機能を上げてくれるので、疲れにくい体を作ってくれる。

また、甘酒はノンアルコールなので学生や幼稚園受験の小さな子どもでも、家族みんなで一緒に楽しめるのも嬉しい。「桜はきっと咲くよ、頑張って!」のメッセージとともに『サクラサク』を受験生に贈ってみてはどうだろうか。

 

 ひな祭りにもおすすめ!

そしてもうひとつ、『サクラサク』の華やかなパッケージと桜餅のような味わいがぴったりなシーンがある。発売日のちょうどひと月後に訪れるひなまつりだ。

ひなまつりでも特に重要なイベントのひとつが女の子の初節句。生まれてから初めて迎える節句は、女の子の身代わりとなるおひなさまを飾り、赤ちゃんに降りかかる厄を払って健やかな成長を願い家族みんなで赤ちゃんを囲んでの大切な行事。

 

この華やかなテーブルに欠かせないのが桜餅だ。ひなまつりを代表する和菓子のひとつである春の味覚が甘酒となった『サクラサク』は話題性があるだけでなく、お祝いに駆けつけてくれたおじいちゃんやおばあちゃんにもきっと喜ばれるはず。

ノンアルコールなので運転を気にすることなくみんなで楽しめるのもいい。瓶がとっても素敵なので、飲み終わったあとに記念品としてとっておくこともできるし、『サクラサク』の瓶を見せながら子どもが大きくなって初節句の話をしてあげるのもいいかもしれない。

『サクラサク』は店舗(新潟市古町本店、新潟市蔵座敷店)またはオンラインショップにて購入可能。

 



記事/おためし新商品ナビ

シェア