美味しい日本酒、自分にあった銘柄がすぐわかるAIサービスと、それを使った居酒屋バーが登場


ビギナーから愛好家まで大きな話題に

日本酒は美味しいと感じているけれど、自分に一番合ったものと言われると難しい…、そんなふうに思っている人も多いだろう。だが、そういう方におすすめなのがAIを用いた日本酒に関する味覚判定サービス「YUMMY SAKE」。

しかもこのサービスを軸としたAI酒屋バー「YUMMY SAKE COLLECTIVE DAIKANYAMA(ヤミー サケ コレクティブ 代官山)」が1月25日よりオープン。日本酒ファンにとどまらず、グルメメディアや多くの美食家たちをざわつかせている。

今回の試みは、日本酒のビギナーや外国人など、どんな日本酒を選んでいいのかわからない人たちをターゲットにしたもの。一方多くの日本酒好きにとっても、自分にとって本当に相性のいい銘柄がわかるということで、大きな話題になっている。

AIならではのわかりやすい日本酒診断

日本酒というと、どうしても評判やラベルといった“ジャケ買い”に頼りがち。そしてそれで失敗したという経験のある人も多いだろう。だが「YUMMY SAKE」はそんな事前情報やジャケ買いに頼らないブラインドテイスティングで、気に入った度合いをスマートフォンから5段階で評価してくれる。

日本酒の味覚判定に実装しているAIは、ルールベースで判定。事前にプログラムされたルールや知識に基づきAIが選ぶシステムだ。データは、日本酒の利き酒師が数十個の項目で評価し、ユーザーの味覚データと合わせて解析している。


そして特筆すべきは、その判定は「アワアワ」「スルスル」「トロトロ」など12種からその人に合ったオノマトペで表現・判定される。これは誰にとってもわかりやすい! 気になるブラインドテイスティング料金は、2000円(税別)だ。

YUMMY SAKE COLLECTIVE DAIKANYAMAでは、約90種類の日本酒を置いており、さらに商品は上記の味覚のオノマトペ・タイプで分けているという。自分の味覚に合うタイプのお酒を簡単に選ぶことができ、700円均一で注文ができる。気に入ったお酒はボトルで購入、またボトルキープもできるというのは嬉しい限り。

また日本酒は“ストレート”な飲み方だけではなく、日本酒ビギナーでも飲みやすい日本酒カクテル「柚子胡椒ハイ」700円(税別)なども用意。おつまみも豊富に用意されている。

YUMMY SAKE WEEKイベントでは“フリーパス”も

 

そして日本酒初心者からマニアにまでおすすめなのが、1月25日~2月3日の10日間限定で開催されるイベント「YUMMY SAKE WEEK」。

特設テイスティング会場BAR YUMMY SAKEでテイスティングし、判定したあとにパートナー店舗で日本酒を楽しめる。先の判定に基づいて自分に合う日本酒を、様々なお店で味わうことができるのだ。

連携店は串焼きからもんじゃ焼きまで幅広いジャンルにわたっており、その数20店舗以上! 毎日だって自分に合うお酒を堪能できる。

気になる料金は4000円(税込)。テイスティング、提携店舗フリーパス、オリジナルグッズ(おちょこ、トートバッグ)がついてくるというお得なセット。さらにイベントのチケットがあれば、味覚判定を行えるだけでなく、1ヶ月間提携店にて1日1杯日本酒が無料で飲めるフリーパスも手に入る。

チケットはウェブサイトから購入できるので、今すぐチェックを!

■YUMMY SAKE WEEK
▼場所
渋谷・恵比寿・代官山の全域で開催!テイスティングは、下記2会場にて実施。
【渋谷】〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第2ビル2F
【代官山】〒150-0034 東京都渋谷区代官山町14-11
▼開催期間
2019/1/25(金)~2019/2/3(日)
▼開催時間
平日17:00~22:00、土日祝14:00~22:00
▼料金
1名につき4,000円(20店舗を超える提携店で1日1杯無料で飲めるフリーパス付)

https://yummysake.jp/yummysakeweek/index.html


シェア