昭和味インスパイア『三ツ矢サイダー NIPPON』は現行サイダーとどう違うのか、比較検証!

 

生誕135年目を迎えた国民的炭酸飲料「三ツ矢サイダー」。生まれた当時を覚えている人はもういないというのがすごい。今回は1970年代初頭に青春を迎えていたハイティーン(10代後半)が味わっていた味・嗜好を再現、現代風にリアレンジしたという『三ツ矢サイダー NIPPON』が年内までの期間限定で発売となった。

 

素朴な砂糖の甘さがガッときて、酸味は抑えめだけど柑橘系の香りだちの『三ツ矢サイダー NIPPON』

かつての昭和の時代は清涼飲料水および炭酸飲料というものは、虫歯になるくらい甘いものというのが基本だった。今回のインスパイア元となる1970年代に青春を送っていた若者はもう50代。当時は砂糖の甘さがガッとくるのが当たり前の世の中だったのである。

ところが年を追うごとに健康志向は高まり、すっかりソフトドリンク類の主流は甘さひかえめにとって変わった。たまに千葉県などで「MAX COFFEE」を飲んで、その甘さにびっくりする人も多いが、かつてはまず砂糖の甘みが来てから、物事は始まっていたのである。

なので今回新登場したアサヒ飲料『三ツ矢サイダー NIPPON』(500mlPET・希望小売価格 税抜140円・2018年7月17日期間限定発売)は砂糖の甘さをフィーチャリングした味の仕立て。そこに爽快なライムなどの柑橘フレーバーをまとわせているが、酸味の方は随分と抑えめだ。

ちなみにこうした復刻版は今までもたまにリリースされていた。

 

 

現行「三ツ矢サイダー」は酸味が際立ち甘さを控えた現代的なシュワシュワ感。甘さが大前提の『三ツ矢サイダー NIPPON』!

今回は改めて現行「三ツ矢サイダー」と飲み比べてみたいと思う。

先にもう『三ツ矢サイダー NIPPON』を飲んだあとだったので、改めて酸味の強さに驚く。もちろん甘みもすっきりとした控えめタイプ。甘みよりも炭酸のジュワジュワ感を先に感じる飲み心地。確かに現代的である。

その後で再び『三ツ矢サイダー NIPPON』を飲むと、甘い。すごく甘い。童心に帰ってしまうくらいの甘さ。しかも酸味もないのでパッケージは大人びているが、子どもっぽさがみなぎるノスタルジックな味。砂糖の甘みって改めて美味しいよなと思うひとも多いだろう。

驚くのが、この2つ、原材料名が全く同じなこと。砂糖類、炭酸、香料、酸味料という4つの要素は並びも同じなので、含有量順も同じということ。それらがさじ加減次第でこれほど味が変わるのが面白い。

炭酸は使用しているペットボトルの特性で、どちらも強め

入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで年内まで可能だ。

 

 



記事/おためし新商品ナビ

シェア