アレンジレシピでバリエーションが手軽に楽しめる! ケイエス冷凍食品の『国産肉 肉だんご』

ケイエス冷凍食品株式会社(大阪府泉佐野市)から発売中の『国産肉 肉だんご』は、国産の鶏肉と国産の豚(三元豚)を使用した油調理済の冷凍の肉団子。食欲をそそる甘酢ソース入りの多めのタレは、アレンジレシピにもピッタリだ。今回は「白ご飯以外にも合うアレンジレシピ」として、公式サイトを参考に「月見ドック」「とろ~りチーズの夏野菜煮込み」に挑戦してみた。

 

お皿を汚さず、あっというまに一品料理が完成

ケイエス冷凍食品『国産肉 肉だんご』は、製法の工夫により市販のチルド商品と比べて肉粒感があり、口どけの良い食感が特徴だ。1パックあたり4個×2袋入りで、袋ごと電子レンジでや熱湯で温められるため、お皿も汚さずあっというまに一品料理が完成する。

オーソドックスな「肉団子」としてそのまま食卓に並べる場合、電子レンジ(600W)で1袋あたり約2分温めるだけでOKだ。もちろん、お弁当のおかずに最適なのはいわずもがな。忙しい朝にもうってつけのアイテムなのだ。

 

 

『国産肉 肉だんご』が時短料理に向いている理由の一つが、味付け不要でバリエーション豊かなアレンジレシピが楽しめること。黒糖、黒酢入りの甘酢たれにオイスターソースを加えた多めのタレは、そのまま調味料としても活用できるのだ。

 

子どもも一緒に調理が楽しめる「肉だんごの月見ドッグ」

 

まず手始めに、ランチにピッタリの「肉だんごの月見ドッグ」に挑戦してみた。

 

 

調理といっても、『国産肉 肉だんご』を袋のまま電子レンジで温めるだけ!

温めている間に茹で卵を作り、ホットドック用のパンに切り込みを入れ、お好みでマーガリンやマヨネーズ、マスタード等を塗っておく。

温めた肉だんごとスライスしたゆで卵を、グリーンリーフの上にのせて挟めば完成だ。見た目も可愛らしく簡単なので、夏休みに子どもと一緒に作ってみるのも楽しそうだ。

本格的な味わいで食欲促進! 「肉だんごととろ~りチーズの夏野菜煮込み」

続いては、夕食のおかずとして肉だんごととろ~りチーズの夏野菜煮込みに挑戦してみることに。公式サイトのレシピでは、黄色のパプリカとなす、トマト、玉ねぎ、ピザ用チーズを用意すると書いてあるが、ナスやピーマンなどお好きな具材や、また冷蔵庫の残り物でも十分美味しくできそうだ。

詳しい作り方は公式サイトを参照いただくとして、ここでは簡単な手順をお伝えする。まずは冷凍庫から『国産肉 肉だんご』を取り出し、電子レンジ(500W)で1分30秒ほど加熱する。その間に野菜をカットして、フライパンで軽く炒めておき、加熱した肉だんごを加えて約8分ほど弱火で煮込む。ピザ用チーズをかけてしばらく蓋をしておき、仕上げにパセリをかければ完成だ。

いざ、実食。しっかりとした歯ごたえがあるのに、口に入れるとホロリと崩れる肉団子と、ピリ辛のタレが夏野菜としっかり馴染んでいて、夏バテ気味にもかかわらず食欲を存分に刺激される。味付け不要でタレだけでここまで美味しくできることに驚いた。

 

公式サイトには、今回紹介したレシピの他にも、「酢豚風炒め」や「里芋和え」といったアレンジレシピも掲載されているので、ぜひともチェックしてみてほしい。

 

『国産肉 肉だんご』の購入は、全国のスーパーで。

 

 

記事/おためし新商品ナビ

シェア