飲食店の社歌がオリコン7位で注目集める! せんざんグループ「希望の明日」とは


様々なアーティストがしのぎを削るオリコンランキングに、突如として一般会社の社歌が7位にランクインし、大きな話題を呼んでいる!

2018年07月2日付のオリコン・デイリーシングルランキングには、48グループやジャニーズなどそうそうたる面子がならんでいる。8位にはジャニーズの新星King & Princeの「シンデレラガール」、6位にはAqours「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours CLUB CD SET」、1位にはNMB48の「欲望者」といった面々だ。

そんな8位のKing & Princeと6位のラブライブの間に入っているのが、チームせんざん「希望の明日へ」。なんとも耳慣れないアーティスト名とタイトルだ。だがそれもそのはず、一般会社のテーマソングだから。

この歌は、横浜を中心に飲食店を運営する株式会社せんざん(現在13 ブランド、33 店舗の飲食店を運営)によるもので、同社の専務が音頭をとって作ったテーマソングだという。

同社が拡大するに従い、従業員間のコミュニケーションの機会が低下。それを危惧した専務が「皆で1つになって歌えてコミュニケーションが取れるようなテーマソングを作りたい」と発案し、このプロジェクトがスタート。
全従業員にアンケートを配布し、同社にあったキーワードを選定し、その言葉を繋ぎ合わせ歌詞を作成。名物料理「ズワイせんざん焼」や、ラップを入れるなど遊び心のつまった1曲に仕上がっている。

さらに同社社員を含む総勢250名が集まり、参加者全員で歌いながら踊っているミュージックビデオを作成する気合の入れよう。2000年台に入ってから社歌やテーマソングがオリコン入りしたのは、03年の日本ブレイク工業以来の大快挙。

これだけの人々が集まって熱い思いがつまったソング&MVだけに、デイリーチャート7位に入ったというのもうなずけるところだろう。

同社のCDは、タワーレコードやHMVなどで発売中。地元で愛されるせんざんグループだけに、ローカルのこれらの店でもしっかりと売上を見せているという。気になる人は今すぐチェックしてみては?

【CD詳細】
アーティスト名:チームせんざん
CD タイトル:「希望の明日へ」
発売日:2018 年7 月3 日( 火)
販売価格:1,000 円( 税込)
収録曲:
M1. 希望の明日へ 
M2 . 希望の明日へ(idol version) 
M3 . 希望の明日へ( 社長version) 
M4 . 希望の明日へ( カラオケ)
M5. 希望の明日へ( 社長 version カラオケ)
レーベル:SENZAN MUSIC