『キリン iMUSE(イミューズ)レモンと乳酸菌』プラズマ乳酸菌入りだけどカロリーオフ!

 

腸内環境を改善するための創意工夫が”腸活”と呼ばれてブームの昨今。乳酸菌摂取はカラダ本来の持つバリア機能を高めると積極的な摂取が推奨されるもの。しかしどうしても乳酸菌飲料というものは高カロリーなものが多い。そこでカロリーオフの『キリン iMUSE(イミューズ)レモンと乳酸菌』に注目だ。

1本につき85kcalとカロリーを抑えめにした気軽に飲めるプラズマ乳酸菌

同じキリングループのキリンビバレッジと小岩井乳業が手を組んで2017年秋にスタートさせたのが、免疫に好影響を与えるプラズマ乳酸菌を配合した「iMUSE(イミューズ)」というブランド。「小岩井 iMUSE 生乳ヨーグルト」と「小岩井 iMUSE のむ生乳ヨーグルト」がすでにヨーグルト製品などが生まれている上、カルビーのポテトチップス「ぽいっと」にも研究したプラズマ乳酸菌を提供するなど、幅広く活動している。

「iMUSE」シリーズ。左が今回登場した「キリン iMUSE(イミューズ)レモンと乳酸菌」で、中央が「小岩井 iMUSE のむ生乳ヨーグルト」(小岩井乳業・115g・税抜120円・発売中)、右が「小岩井 iMUSE 生乳ヨーグルト」(同・100g・税抜120円・発売中)。生乳は”なまにゅう”と読む。ヨーグルト製品はとても美味しいがカロリーオフではない。

 

そんな中仕事中でも気軽に乳酸菌補給ができる「乳酸菌ニアウォーター」というジャンルのペットボトル製品として登場したのがキリンビバレッジ『キリン iMUSE(イミューズ)レモンと乳酸菌』(500ml・希望小売価格 税抜140円・2018年1月16日発売)。プラズマ乳酸菌は昨今話題の免疫パワーの強さで知られる乳酸菌だが、乳酸菌飲料はどうしてもカロリーが高いというのが現実。なので日常ドリンクとして飲むには少々抵抗があるという人も多いのではないか。

その点この『キリン iMUSE(イミューズ)レモンと乳酸菌』は100mlあたり17kcalとグッと抑えめ。しかもほんのり白いが基本透き通った軽快なルックスなので、オフィスでちびちび飲みをしていたとしてもさほど違和感のない仕上がり。フレーバーにはレモンを採用し、果汁1%で爽やかに仕上げている。それでは飲んでみよう。

オフィスで飲んでも目立たない!

香りは爽やかなレモンフレーバー。乳酸菌の酸味もそこに合体しているが、ほぼ気にならないレベル。ゴクッと飲むと、低カロリー商品らしいすっきりした味わい。ミルキーな感覚はほぼなく、マイナスイオン飲料のような飲みごこち。


低カロリーは砂糖由来のスクラロースとアセスルファムKで実現しているようだ。甘すぎないから飲みやすく、水分補給としても美味しい仕上がり。

冬は乾燥の季節、室内も暖房で乾燥しがちだから、『キリン iMUSE(イミューズ)レモンと乳酸菌』で水分と、守る力のプラズマ乳酸菌を補給して、体調を崩さない健康な毎日を過ごしたい。

 

 

記事/おためし新商品ナビ

シェア