これが紅茶!? シャンパン感覚で飲める『キリン午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』は本日発売!

ハロウィンやクリスマス、年末年始などイベント満載の秋冬シーズン到来! 10月24日より新発売のキリン『午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』は、 楽しいパーティー気分をさらに盛り上げてくれる華やかな炭酸飲料だ。

パーティーの盛り上げ役!『キリン午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』新発売!

キリンビバレッジ『午後の紅茶』(通称・午後ティー)といえば誰もが知っている紅茶界の女王さま。1986年に日本初のペットボトル入り紅茶として発売して以降、30年以上も愛され続けているロングセラーブランドだ。

 

午後ティーには定番のストレート、ミルク、レモン以外にも様々なフレーバーが存在し、そのバリエーションの豊富さも午後ティーの魅力のひとつ。午後ティーは「炭酸×紅茶」をはじめとするこれまでになかった新感覚フレーバーを数々生み出しているほか、5年前からは「甘くない紅茶ブーム」の火付け役としても飛躍し、現在も新フレーバーをハイペースで世に送り出している。

そんな午後ティーシリーズからこの秋登場したのがこちらの『午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』(500ml・希望小売価格 税抜140円・2017年10月24日発売)! 芳醇な赤リンゴと爽やかな青リンゴの香りがダブルで味わえる、「アップルティーソーダ」という何ともオシャレなフレーバーだ。やっと秋らしい空気が漂い始めた10月下旬、ハロウィンパーティーの準備を急いでいる人も多いはず。新発売の『午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』がパーティーを盛り上げてくれるドリンクかどうか、いち早くチェックしておこう!

午後ティーといえば、時折発売される「ディズニーパッケージ」のペットボトルのかわいさでパケ買いしたという話をよく耳にする。こちらの『キリン午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』はその最新作で、今の時期にぴったりのパーティ仕様で登場! ディズニーキャラクターと組み合わせて遊べるアルファベットデザインは全4種類ある。午後ティーは落ち着いたパッケージが多いので、この華やかでにぎやかなパッケージは斬新だ。

中身はというと、「え、これが紅茶?」とびっくりするほど紅茶っぽくない。見た目には”炭酸のりんごジュース”という方がふさわしく、まるでシャンパンのようだ。

キャップを開けると、赤リンゴらしい甘い香りと青リンゴらしい爽やかな香りに気分がパッと華やぐ。

ひとくち飲んでみると、とても控えめでマイルドな微炭酸でりんご果汁のリアルな甘味と香りがする! 見た目と同様に味わいもこれが紅茶かと思うほどりんごジュースなのだが、紅茶が入っていることで後味がさっぱりしていてまったく甘ったるくない。このすっきりした後味は「甘くない紅茶ブーム」を牽引する午後ティーならではのおいしさだと思う。

ジュースけれど食事との相性が良く、パーティーの定番であるピザやパスタ、肉料理など味の濃い食事との組み合わせは抜群! 器にドリンクを注いでフルーツを入れればデザートにもなるし、これはパーティーになくてはならない存在になりそうだ。

また、おいしいノンアルを探している人にはおすすめ。シャンパンのような見た目の華やかさもあり、楽しい気分を演出してくれそう。また、1本500ml飲みきってもわずか40kcalという低カロリーさも魅力。ノンアルカクテルやノンアルチューハイはカロリーが気になっていたので嬉しい。

『午後の紅茶 アップルティーソーダ 赤リンゴ&青リンゴ』は、10月24日より期間限定&数量限定で販売開始。全国のスーパーやコンビニエンスストアなどに並ぶ。11月1日の「紅茶の日」が近づく今、イベント感たっぷりのアップルティーソーダを飲んで楽しいひとときを過ごそう。

記事/おためし新商品ナビ

シェア