ドバイの海中住宅が住みたすぎる リビングやトイレの壁面はガラスで水中まる見え

アラブ首長国連邦のドバイで販売されるという、アンダーウォーターヴィラが大きな話題になっている。部屋の一部は海中にあり、壁面は透明で、海の中が見渡せてしまうのだ。

ドバイでは先鋭的な建築プロジェクトが多数企画されており、このアンダーウォーターヴィラもその一環。この住宅には4つのベッドルームとリビングルームがあり、それらの部屋の壁からは、海中をおよぎまわる魚の群れやサンゴ礁を、まるで庭先の花鳥草木のように眺めることができるのだ。

食事をしたりお風呂に入ったり、そんな日常生活の中でも水中の風景をそのまま堪能できる。超ざっくりいえば、部屋の各壁面が大型水槽になっているようなものの、さらにスケールがでかいバージョンだ。そしてその価格は約3億円ほど。

ドバイでは人工島を作って世界一の高層タワーを建設したりなど、最先端の技術で、奇想天外な建築プロジェクトを次々に立ち上げている。そんなドバイ建築の中でも、またあたらしい“名物”が来年には登場する予定となる。

文/関本尚子

シェア