スマホブスをすぐ治すには「にらめっこ」? 8割以上の女性が陥るスマホ不細工を改善イベントが面白すぎる!!!

全国の20代〜50代の女性、計400人を調査したところ、8割以上の女性が、スマートフォンを見ている時の自分の顔が美しくない、通称「スマホブス」だと自覚していることが判明した。

わかっているなら止めればよさそうなものだが、そうできない理由として「スマホを見るのが習慣だから」が1位に。また4割以上の女性は他人がスマホブスになっていることに気づいており、6割以上の女性がスマホブスは今後も増えていくと思っていることも分かった。

スマホを長時間利用し続けることにより、女性たちの美しさが奪われていくことは、深刻な問題になっているとも言えそうだ。

スマホブスの原因は?

なぜスマホを使い続けることは「ブス」につながってしまうのだろうか? 表情筋の専門家「えがお体操部」の室屋佳子さんによれば、スマホブスになる危険性や自覚症状なく、スマートフォンを使い続けていると、顔の表情が無表情化して、魅力が削がれていくという。

またそんな顔つきのまま表情筋が固まり、スマートフォンを使用していない時にもブサイクな表情がクセになり定着してしまう危険性があるという。

スマホを使ったテキストベースのコミュニケーションは表情も使わないし、おまけに常にうつむいているために、肩がこったり、顔やアゴがたるんだり…さまざまな弊害が。それでブスなんて、つらすぎる…。

スマホブス改善には「にらめっこ」で対決!

逆をいえば、表情筋をしっかりと動かすエクササイズを意図的に行うことにより、スマホブスは防げると言えるのだ。そんななかでオススメなのが「にらめっこ」。表情筋をせいいっぱい使って変顔をすることで、顔の筋肉が鍛えられ、さらに大笑いすることでさらに表情筋が活性化されるのだ。

レモンのすっぱい美味しさで「キレイと元気」を応援する「キレートレモン」を販売しているポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社も、このスマホブス問題と「にらめっこ」による解決方法に注目。

そして「にらめっこ」を現代版にアレンジした「キレートレモンBEAUTY NIRAMEKKO」イベントを7月24日(月)~25日(火)の2日間にわたり、渋谷の「SHIBUYA109店頭イベントスペース」において開催するという。

最大4人1組で会場に設置されたNIRAMEKKOブースに入り、「にらめっこしましょ♪」の曲が流れたらゲーム開始。「あっぷっぷ♪」のタイミングに合わせて思いっきり変顔を作り、目の前の画面に参加者の変顔が一斉に表示され、順位を発表。

1位にはなんとキレートレモンを4本プレゼント、また参加すれば順位にかかわらず最低1本はプレゼントされるというから嬉しい限り。また、撮影した画像はデータはもらえるので、SNSなどで友人や家族とシェアして楽しむこともできるという。

ちなみにイベントの紹介動画もアップされているのだが、これは見るだけで爆笑必至の「にらめっこ」! これだけでも表情筋が刺激されてしまう人も多いだろう。

スマホブスかもしれない…そんな自覚がある人はこんな楽しそうなイベントに足を運んでみては? また参加できない人もお友達とにらめっこしてみたり、変顔エクササイズをしてみてはどうだろうか。

■「キレートレモン BEAUTY NIRAMEKKO」イベント概要
開催日:2017年7月24日(月)13:00〜18:00
    2017年7月25日(火)11:00〜18:00
場所:SHIBUYA109店頭イベントスペース
■イベント概要 https://www.pokkasapporo-fb.jp/kire-to/beauty_niramekko
イベント紹介動画 https://youtu.be/-8Y10sSmTMk

シェア