暗いところで発光するドーナツが大人気、電灯がわりにも 自然成分だけで作られ健康にも問題なし

ギャラクシーフード

暗いところでピカッと光るドーナツが発売され、大人気になっている。かなり強い光を放つため、台所に並べておけばナイトライトがわりに、ライヴイベントではサイリウムがわりに…など様々な用途にも使えるのではないかとも言われている。

しかもあくまで食べるためのドーナツであり、味はとってもテイスティ。おまけにこの「夜光」の部分も人体に問題のない天然由来成分だというのだ。

このドーナツを販売しているのは、オーストラリア、シドニーにある食品店「ブラックスター・パストリー・ベーカリー」。そしてのこの商品の名前もズバリ「GLOWNUTS」(「光る」を意味すると「GLOW」と「DONUTS」の合成語)。

ドーナツ自体はクラシックな味わいのものだが、その上にほどこされているアイシング部分が発光。このアイシング自体は柚子のフレーバーがほのかにして、絶妙な味わいだと顧客たちからも評判は上々だ。

ギャラクシーフード・光るドーナツ
ギャラクシーフード・光るドーナツ大群

ただし、このアイシングの成分自体は非公開。ただし海外メディアに対してはアイシングの発光成分はビタミンBに由来するものなので、安全だという。

こういった「宇宙」を連想させる食べ物は、現在では「ギャラクシーフード」と呼ばれており、最先端の食のブームとしてメディア上でさかんに喧伝されている。実際、ディズニーランドの一部でも発光する綿あめが人気になっているようにだ。

それはさておきこのドーナツ、みなさんはどう思いましたか?

文/関本尚子