中国の人気店「ケンタッキー・マクドナルド」が全世界に衝撃あたえる カーネルサンダースとドナルドが肩組む人形も

中国に存在する“ケンタッキー・マクドナルド”が、大きな話題になっている。…え、えっ!? ケンタッキーなのにマクドナルドって、おかしくない?

これは中国の広東省を中心に展開するファーストフードチェーンで、正式名称は「KMC(肯麥基)」。中国語ではKFCは「肯德基」、マック(McDonald’s)は「麥當勞」と表記されるため、英語表記でも漢字表記でもまさに“ケンタッキーマクドナルド”なのだ。

たしかに名前に2つの要素がまじっているだけなら、意図していないということもあるかもしれない…。だが一部の店頭にはドナルド・マクドナルドとカーネル・サンダース(にしか見えない)人形たちが肩を組んだものが設置してあるわけだ。同フランチャイズが確信犯かどうかは、皆さんの判断にゆだねたい!




メニューはさらにカオス! 写真のような豪快なチキンや、他のファーストフードの要素もだいぶまじっているようで、ピザなどのメニューも充実。しかもドリアンピザなどというものも。また中華惣菜系の軽食や定食もあり、ケンタッキーやマックを合わせても追いつかいないほど、メニューが豊富なのだ。

日本では公式のコラボ店であるファーストキッチン・ウェンディーズもあるが、同チェーンはそれを圧倒的に凌駕するインパクト! もちろんKFCもマックもKMCとは一切の関係がないことを名言している次第です。

文/関本尚子