メキシコ麻薬カルテルのInstagramが話題 虎とビキニ美女、黄金のマシンガン…写真が衝撃的すぎる


ブランド風に改造された銃。
ブランド風に改造された銃。

SNSに登録しているのはカタギだけじゃなく、最近ではメキシコの麻薬シンジケート幹部のアカウントなんていうのも。しかも、そのアカウントにアップされる写真といったらゴージャスでセレブで、しかも強烈に香るバイオレンスさ…とにかく写真がすごいと話題なのだ。

美女と虎、なんだこれは!
美女と虎、なんだこれは!

■ヴィトン風の黄金のガンなどがアップ

Instagramのアカウント「Narco King」は「麻薬王」「麻薬密売王」といった意味。決して騙りではなくあくまで“本物”だ。そこに投稿される写真といったら、ビキニ美女と虎が戯れていたり、本物の黄金で装飾されたルイ・ヴィトン風マシンガンなどなど。

また水着の美女が数人戯れている様子や、ブランドもののバッグに金が詰め込まれている様子など、人々の目を惹きつけるには十分な内容だ。

大量の札束が…。
大量の札束が…。

■麻薬戦争では年間数千人の犠牲者が

とはいえ、このセレブな生活の下には、多くの麻薬中毒者や、彼ら麻薬カルテルの暴力の餌食になった人々がいるのを忘れてはいけない。先日麻薬王ホアキン・グスマン、通称エル・チャポが脱獄して話題になったが、彼はインターポール(国際刑事警察機構)とアメリカ麻薬捜査局(DEA)のリストでは「社会の敵ランキング1位」に輝いている。

またメキシコでは、激化する麻薬カルテル間の抗争で、無辜の市民や、カルテルと戦う弁護士や検察官が虐殺され、死体が町中に晒されるなどが頻発している。

このInstagramの写真は、青少年たちに「こんな生活ができるぞ」という勧誘の意味も含められていると言われており、たしかに納得してしまう内容だ。

文/鷹村優


シェア