缶コーヒーがコンビニコーヒーより美味い理由 イメージも味も、缶がコンビニに圧勝 | もぐもぐニュース
  • ビジネス
  • 缶コーヒーがコンビニコーヒーより美味い理由 イメージも味も、缶がコンビニに圧勝

    コーヒー戦線に以上あり!

    コーヒー戦線に以上あり!


    コンビニコーヒー、ブルーボトルコーヒーなどの新勢力が台頭しているが、実は缶コーヒーは市場も人気も圧倒的に高い。缶コーヒーが圧倒的に支持されるのは驚くべき理由があったのだ。

    日本は世界第4位のコーヒー消費国であり、本場イタリアやフランスの人々よりもコーヒーを飲んでいるのだ。また海外ではほぼ見かけない缶コーヒーという独自の形態をもった商品が人気であり、缶コーヒーの形と味は「クールジャパン」の一角を担っているのは周知の事実。

    缶コーヒーの市場規模は7000億円であり、対してコンビニコーヒーは1756億円と圧倒的だ。たしかにここ数年で一気に勢力を伸ばしたとはいえ、まだまだだ。しかも昨年からはプレミアム缶コーヒーという高レベル商品が登場、コンビニコーヒーを再び引き離す結果に。

    「缶コーヒー、実は圧倒的にイメージがいい。大手飲料メーカーがとったアンケートでも、コンビニコーヒーを飲んでいるおっさんより、缶コーヒーを飲んでいるおっさんの方がかっこいいという、しょうもないデータもある(笑)。日本人の脳裏には、缶コーヒー=渋くてかっこいいという印象があるようです」(飲料メーカー開発部社員)

    たしかに、昼休みに公園で一息いれてるサラリーマン、工事現場で一服している作業員、そういう時に手に握られている缶コーヒーは圧倒的にかっこいい。

    またプレミアムコーヒーの出現で、缶コーヒーは味の進化も進んでおり、最近ではダイドードリンコからは8月31日に「ダイドーブレンド デミタスコーヒー」(税抜き115円)がリニューアル。150gと小容量である一方、驚くことに、プレミアム豆の量を1.5倍にするという高濃度化を進めている。

    「缶コーヒーは、缶が唇にしっかり当たるあの感覚が、温度感のある独特の肌感覚を生み出し、コンビニコーヒーよりも美味しく感じさせるんです。ストローやプラスチックのペコペコ容器では、どんなに美味しいコーヒーでも味がぼやけてしまう。新商品のデミタスコーヒーのような深みのある味と合わさって、缶コーヒーは他にはない美味しさを表現している」(人気珈琲店バリスタ 匿名)

    たかがと思っていたが、実はすごくて美味しいのが缶コーヒー。その世界は実にコクと深みがあるようだ。