教師が生徒の前で生きたハムスター食べ「命の大切さ教える」 児童虐待として警察に拘束される


こんな可愛いハムちゃんが、とんだ災難に。
こんな可愛いハムちゃんが、とんだ災難に。

小学校のクラスで豚を飼育、「命を頂く」意味を考えるというカリキュラムが話題になったことがあったが、それを超える衝撃的な授業が話題になっている。ある先生が、生徒の前で生きたハムスターを食べ、命の大切さを教えようとしたのだ。

■生徒たちの目の前で“思わぬ指導が”

韓国メディアが伝えたところによれば、韓国全羅北道地方井邑市の全寮制学校で“授業”は行われた。クラスルームの議題としてあがった「生命はいかに尊いか」ということに対して、先生が生徒の前で、クラスで飼育していたハムスターをガブリとやってみせたのだ。

■警察も介入しての大事件に

教師の年齢などの素性はあまり明らかになっていないが、生徒たちからの告発でこの型破りすぎるレッスンは明らかに。警察に取り調べられることになった。また教師は、この授業に参加していた生徒7人に対して、暴力的な言葉を浴びせたとしても追求されている。

■教師は反省中

現在、教師は取り調べで反省の念をのべており「そのような行動をしている最中、命の大切さを伝えるためには、間違ったことをしたとわかった」という。生徒の親たちは教師の奇行に、現在怒りの声をあげている。

文/鷹村優


シェア