中国で定員6人に51人乗った車が摘発 運転席と助手席に2人、後部座席に49人

車の中はすし詰め状態、なかになんと51人もの人が乗っていたという。
車の中はすし詰め状態、なかになんと51人もの人が乗っていたという。

定員6人にもかかわらず51人が乗ったワゴン車が、中国で摘発されて話題を呼んでいる。中国CCTVが伝えた。

■異常な動きの乗用車を止めてみると

この車は、今年5月10日に貴州省貴陽の道路で交通警察により発見された。目撃した警察官によれば、車は傾いて揺れているなど異常な動きを見せていたという。車を止めさせると、車体の重みでタイヤは裂けそうなほどになっていた。

■小さな車のなかに51人もの労働者

車の中には人がすし詰めで乗っており、警察が動画を撮影しながら、なかの人々に降りるように告げると…降りても降りても人が出てくる。まるで“手品”のようなありさま。結局、51人もの人々がバスでもない車のなかに乗っていたのだ。

運転席と助手席に2人、後部座席に49人。中に乗っていたのは近くの工事現場の労働者たち。この現場の建築会社の車だった。では、どのようにこの車に乗っていたのかというと、この車は後部がイスなどを取りはらう改造がなされており、全員が満員電車よろしくギュウギュウに立って乗っていたのだ。それでも定員6名のところに51人というのは驚異だが。

■会社がコストカットのため

警察の調べによれば、建築会社が交通費のコストを抑えるためにこのような“過積載”を行っていたとのこと。中国では、ここまでではないにしろ定員オーバーではしる自動車が問題になっている。

100人乗っても大丈夫なのはイナバの物置だが、50人乗っても大丈夫なこの車もちょっと気になるところだが。

文/原田大

シェア