立ち食いそばチェーン・小諸そばの「鴨丼」は知られざる絶品メニュー ジューシーで濃厚な鴨肉を590円でたっぷり味わえる


立ち食いそばチェーン・小諸そばの絶品メニュー「鴨丼」!
立ち食いそばチェーン・小諸そばの絶品メニュー「鴨丼」!

関東3大立ち食いそばチェーンの一角をしめる小諸そば、ここには「鴨丼」(590円)という、隠れた名品があるのをご存知だろうか? 旨味のギュッとつまった、シンプルな味付けの鴨肉をどんぶり飯に乗せたもので、これが実に美味いのだ。

実力派として知られる小諸そば。
実力派として知られる小諸そば。

■立ち食いそばでは高級メニュー

立ち食いそばとしては高いが、ふつうに鴨肉を使ったメニューとして考えれば安い。
立ち食いそばとしては高いが、ふつうに鴨肉を使ったメニューとして考えれば安い。

「小諸そばは鴨南蛮、鴨せいろといった鴨メニューを地味に提供しています。価格帯はそばの単品で500円から600円ぐらいなので、丼ぶりとそばのセットメニューぐらいする。同店ではそこそこの高額メニューだと言えます。とはいえ味は絶品です」(フードライター)


■焼きネギが鴨を引き立てる

逆にいえば500円程で鴨をつかった美味しいそばや丼が食べられるのだから、実にお得なのだ! さてこの鴨丼だが、「カモネギ」という言葉があるほどマッチする焼きネギと、ししとうが一緒に添えられている。そして鴨肉は、肉の旨味を活かすために軽く味付けしてある程度。鴨特有の滋味を味わうことができるのだ。

肉への火入れも絶妙なのだ。
肉への火入れも絶妙なのだ。

■肉そのものの美味さが味わえる

濃い味付けでご飯が進ませるのではなく、ちゃんと肉そのものの美味しさで、ご飯を飲むように食べられる。普通のそば屋なら1000円超えはかるい鴨肉を使ったメニューを500円ほどで食べられるのは嬉しいかぎり。鳥肉の王様と言われるものが、ワンコインで食べられるとは、いい時代になったもの!

文/原田大


シェア