法政大学で直径20センチの巨大メロンパンが販売中 驚異の1500kcal超え リアル・メロンパンナちゃんごっこもデキる大きさ


ちょっと前にかかげると、リアル・メロンパンナちゃんなほど巨大なメロンパン。こちらが期間限定・個数限定で法政大学のキャンパスで購入できる。
ちょっと前にかかげると、リアル・メロンパンナちゃんなほど巨大なメロンパン。こちらが期間限定・個数限定で法政大学のキャンパスで購入できる。

現在、法政大学の市ヶ谷キャンパス内にある生協で「デカすぎるメロンパン」という商品名で、直径約20センチごえのパンが販売されており、学生たちの間で話題になっている。お値段は432円とそこそこだが、これ1個で1500キロ以上のカロリーが取れるというから、熱量的コストパフォーマンスはかぎりなくいい!

法政大学の市ヶ谷キャンパス。
法政大学の市ヶ谷キャンパス。

生協でも大々的にプッシュ。
生協でも大々的にプッシュ。

まるでザボンのような大きさ!
まるでザボンのような大きさ!

■学生のコミュニケーションツール?

知人の息子がちょうどこの春から法政大学に入ったというので、さっそく買ってきてもらった次第。

「このパンをネタにして、知らない生徒たちと話すネタにしたりしています。またSNSにもあげやすいので、いいコミュニケーションが生まれていますね。学生たちがコミュニケーションできるようにという、生協側の配慮が嬉しいです」とのことだ。

■食べきれない人がほとんどか

学生たちが仲良くなるためのツールとして重宝されているようで、とはいえ、これだけの量なのでさすがにこれを完食する人はなかなかいないようだ。先ほどの息子氏は「3日かけて食べました(笑)」とのこと。たしかにこれだけの量のメロンパン、若い学生さんたちとはいえ、全部たいらげるのはかなり難儀するだろう。

学生のコミュニケーションツールとして、SNSのネタになるような商品をリリースするという法政大学の生協(ホールマート)、そのアイデアはなかなかのものだと言える。

文/原田大


シェア