人気ラーメンチェーン裏メニュー「背脂スーパー」は天下一品こってり超えるインパクト ラーメン二郎のアブラ感すら凌駕、衝撃のオイルな美味さ!!!


野方ホープラーメンの背脂スーパーがこちら。
野方ホープラーメンの背脂スーパーがこちら。

原宿、目黒、吉祥寺など都内に7店舗を持つ昭和63年創業のラーメンチェーン・野方ホープ。背脂こってりラーメンが人気なのだが、こちらには裏メニュー「スーパー」というものがあり、それが壮絶に美味い。ラーメン二郎などで「アブラ」を追加するような“アブラー”たちにはぜひとも試してもらいたい!

吉祥寺店で食べた次第。
吉祥寺店で食べた次第。

■店員さんも「…大丈夫ですか」という衝撃裏メニュー

「アブラーにとっては天国のようなラーメンですと」と、ラーメンマニアの知人に教えてもらい、さっそく吉祥寺店で試してみたら、筆者はそこまでの脂好きではないものの、これは最高と思った次第。

同店でラーメンを注文すると「脂の量は?」と聞かれるので「…スーパー」で言う。すると店員さんが一瞬息をのんだ後「ほとんど脂ですけど大丈夫ですか…」と言われるので、「…お願いします」と言うだけだ。この店のラーメンのスープは、どんぶりにタレを入れ、スープをなみなみ注いで上に背脂をちゃっちゃとふりかける。

だがスーパーの場合は、スープの量を極限まで減らし脂を極限までふりかけるのだ。ふつうならば、ちゃっちゃっというのが10回も聞こえるぐらいなのだが、20回、30回、40回まだ終わらない…という時間の長さ。運ばれてきたラーメン、たしかに物凄いものになっている。天下一品のこってりほどの粘度があるのだ。

白い塊は脂なのだが、透明な液体部分も脂である。要は液体全部が脂なのだ。
白い塊は脂なのだが、透明な液体部分も脂である。要は液体全部が脂なのだ。

■天一のこってり超える衝撃のインパクト

とはいえ天一のねっとり感は、植物性のものやガラのコラーゲン質由来であり、野方ホープの「スーパー」とはまったく違うもの。こちらのスープをすすると、動物性の脂のうまさがガツンと脳天にくる。厳密に言えば舌が美味いと思うよりも早く、脳に「本気でスーパー!」という衝撃が走る。その後にようやく、「うんめええ〜」となる。

このひとレンゲが、あなたの脳の天国の扉を開く(本気で)。
このひとレンゲが、あなたの脳の天国の扉を開く(本気で)。

肉の旨味を形成する中心部分は脂であると言っても過言ではなく、脂ばかりとなったスープは強烈に美味い。厳密に言えば美味すぎて、頭がどうにかなってしまいそうなインパクトがあるのだ。

野方ホープ高田馬場店には、気鋭の社会学者・宇野常寛氏が常連とのこと。背脂スーパー食べたのか、気になるところ(感想聞いてみたい!)。
野方ホープ高田馬場店には、気鋭の社会学者・宇野常寛氏が常連とのこと。背脂スーパー食べたのか、気になるところ(感想聞いてみたい!)。

■究極のアブラそばであり、本当のアブラそばなのだ

油そばという食べ物があるが、こっちは本気過ぎる「脂そば」。麺への脂の絡み方がものすごく、スープはほとんど飲まないつもりでも、食べ終わった後には、どんぶりにはわずかなスープしか残らないほど。脂の旨味の海に溺れてみたい、全国のアブラーたちは、ぜひとも試していただきたい!

文/原田大


シェア