久住昌之の新刊「荒野のグルメ」は究極の居酒屋コミック 土山しげるとタッグ、美味そうすぎてお腹が鳴りまくり!!


『荒野のグルメ』(日本文芸社)
『荒野のグルメ』(日本文芸社)

グルメ漫画界の大物タッグによる激ウマ、超おもしろいコミック『荒野のグルメ』が4月9日、ついに発売された! どこかで聞いたようなタイトル…と思うかもしれないが、それもそのはず『孤独のグルメ』の久住昌之先生が原作(画・谷口ジロー)。そして画は『食キング』『食いしん坊!』などB級グルメ作品で知られる土山しげる先生なのだ。

■『孤独のグルメ』井之頭五郎に変わる新主人公

主人公は48歳の会社員・東森良介。『孤独のグルメ』の井之頭五郎とはまた違った渋さがあり、気取りのない男。そんな主人公が都会の荒野の「オアシス」のような居酒屋の名店で、しみじみ酒と飯を堪能するストーリーが繰り広げられる。

■出てくる食べ物がどれも最高!

出てくる料理は「ニンニクの醤油漬けたっぷりのカツオの刺身」「国技館の相撲の焼き鳥」「ゴーヤじゃなくて、あえてのニガウリチャンプル」「居酒屋の焼きおにぎり」「屋台のおでんのタコとちくわぶ」「めったに開かない屋台のもつ焼き」など、どれも胃袋の琴線をかきならす絶妙のラインナップ。

主人公・東森がそれらにをじつに美味そうに食べるので、もうそれだけで読み手のお腹はグーグーだ。『孤独のグルメ』ファンにとっては五郎さん、泉昌之ファンにとっては本郷さん、それにかわる新しい“食の先達者”。ちなみに西部映画をインスパイアした同作品なだけに、東森の名前はクリント・イーストウッドのパロディだ。

■働いた後に読むとお腹が鳴りまくる!

久住×土山といえば昨年発売されたベストセラー漫画『野武士のグルメ』(幻冬舎)ですでにタッグを組んでいるのだが、こちらはまたまた別物だ。どこかトボけた雰囲気もざっかけなくていい。

30代から40代の働く男たちから絶大な人気を誇る、劇画誌「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)に連載されているが、4月10日より『漫画ゴラクスペシャル』に移籍し、完全連載に。ホント、働いた後にこの『荒野のグルメ』読むとお腹が減ります!

文/鷹村優