新宿の牡蠣フェスは貝好きトロかす天国 3月に旨味最高潮の牡蠣をジュジュウ焼いて、ビールで乾杯!!!


新宿歌舞伎町のどまんなか!
新宿歌舞伎町のどまんなか!

昨日2月21日より、新宿は歌舞伎町の大久保公園で開幕した「広島春牡蠣フェスタ」。毎日広島から直送される牡蠣を、焼きまくって食べられるイベントで、行ったら本気で美味しかった! 

隣の席の、歌舞伎町のホストさんが「俺、牡蠣好きになった」と言っていたほど(好きじゃないのに、来たんかい!)。

初日はラストーオーダー前にほぼ完売。
初日はラストーオーダー前にほぼ完売。

4月5日まで開催されるこのイベントは、日本一の出荷量を誇る広島県産のカキの美味しさを堪能してもらおうというもので、広島県産牡蠣のうま味成分(グリコーゲンやアミノ酸)含有量が1年で最大となる3月〜4月のものを楽しめます。

貝以外のメニューももりだくさん。牡蠣飯もあります。
貝以外のメニューももりだくさん。牡蠣飯もあります。

牡蠣小屋に入ってカウンターで好きな分だけ牡蠣を選びます。

1kg分の牡蠣は圧巻。
1kg分の牡蠣は圧巻。

「殻つき春カキ」(1kg 1600円)、「特選殻つき春カキ」(2個1000円)、「幻の緑牡蠣 グリーンオイスター」(1個400円)。

肉メニューも人気。
肉メニューも人気。

牡蠣やホタテ以外にも「お肉3種盛」(1300円)や「やわらか牛フィレステーキ」(1000円)なんてのも。邪道!とか思ったけど美味しそう…。

ロースターで焼いて食べます。
ロースターで焼いて食べます。

牡蠣やズワイガニのアヒージョも美味しそう…。

軍手はめて自分で焼くスタイル!
軍手はめて自分で焼くスタイル!

会計をすませると、席へと案内。このロースターで牡蠣を焼きまくります。生ビールやチューハイは会計時に注文。

殻を外すのは気合です。
殻を外すのは気合です。

牡蠣の焼き方はスタッフさんが説明してくれるし、テーブルのメニューにも書いてあります。ロースターを熱し、牡蠣の殻の丸い側を下にして2〜3分焼く。殻が開いてきたら、一度取り出して貝剥きで殻をあけます(気合が重要!備え付けの軍手を!)

殻を外してからさらに焼く。
殻を外してからさらに焼く。

蓋をはずした牡蠣を、もう一度2〜3分焼いて食べるという流れ。ちなみにこの牡蠣は焼き専用なので生食はダメ。

このデカい「特選」が最高!!! 男性の手のひらより大きいぐらい。
このデカい「特選」が最高!!! 男性の手のひらより大きいぐらい。

ちなみに筆者は生派で、焼き牡蠣はイマイチなんて思っていたのですが、これが最高に美味かった! 潮の香りはするけれど、とても爽やか。そして焼き牡蠣からあふれてくるスープが、旨味のかたまり。

隣のおじいさんがそこにちょっとお酒をたして飲んでいて、真似したらそれも良かった! 焼きをバカにしていた自分を深く恥じた次第です。

ちなみに幻のグリーンオイスターよりも、とにかくバカでっかい「特選殻つき牡蠣」がおすすめです。ぱくっとかじると、美味しい牡蠣スープーがプシャー!!!と出て火傷をちょっとしたけど、気にならないほど美味しい。火傷をおそれず、ハフハフ食べてしまった次第です。

牡蠣好き、貝好きなら絶対おすすめのイベント! 

【開催期間】
2015年2月21日(土)〜4月5日(日)
10:00〜21:00(土日祝祭日)、11:00〜21:00(平日)
ラストオーダーは20:30

文/関本尚子