浮気は不治の病、浮気遺伝子が発見 あなたの不倫はDNAの問題かも?

浮気症は遺伝子レベルの問題なのか…?
浮気症は遺伝子レベルの問題なのか…?

オーストラリアにあるクイーンズ大学の研究チームの調査により「浮気の遺伝子」が発見された。浮気という行為にはDNAレベルでの原因があるかも知れない、ということだ。しかも女性への影響が強いという。

■7000人以上への調査から判明

7378人を対象に調査を行ったところ、浮気をしたことがある女性たちはAVPR1Aという遺伝子が特定タイプであることが判明。

この遺伝子は、脳において社会的行動と性的行動に影響するというもの。決して“浮気専門”というわけではなく、研究チームによれば、これを持つ女性は社会的に活発な行動をとるという。

■男性の結婚生活にも影響

人間以外の動物からもAVPR1Aは発見されており、それを持つ動物は暴力性が強いことなどがわかっているとのこと。

今回の研究では、女性を浮気させる遺伝子として取り上げられているが、スウェーデンのカロリンスカ大学の研究では男性においても、この遺伝子が特定タイプの場合、結婚生活が上手くいかないなどの影響をあたえることが判明している。

実際、浮気をする場合は、この遺伝子的な要因ばかりではないのだが、これを持っている人にはその“機会”が多くなってしまいそうだ。

とはいえ、貴女がもしも浮気がバレたら「遺伝子のせいなの、ゴメン!」っていう言い訳をしてみたらどうだろうか?

参照/SUNDAYTIMES
文/高野景子