セカオワ、全国学校音楽コンクール課題曲に 中学生の「ドラゲナイ」合唱が楽しみすぎる?


Nコンホームページより。
Nコンホームページより。

「ドラゲナイ〜♪」という歌詞でおなじみ、いまや中高生のカリスマとなっているバンドSEKAI NO OWARIによる歌が、2015年度NHK全国学校音楽コンクール、通称Nコンの課題曲に選ばれている。

■伝統あるコンクールで「ドラゲナイ」?

小中高校生が参加する同コンクールは、1932年(昭和7年)に児童唱歌コンクールとして開始されたもので、二大合唱コンクール(もうひとつは全日本合唱コンクール)と言われているもの。伝統あるNコンでまさか「ドラゲナイ」の大合唱が聴けるのか?

Nコン公式サイトにはセカオワからのSPメッセージも。
Nコン公式サイトにはセカオワからのSPメッセージも。

■歌詞が泣ける!

だが今回の中学生の部で選ばれたのは「ドラゴンナイト」ではなく、「プレゼント」という曲。セカオワのSaoriが作詞、Nakajinが作曲している(編曲・大田桜子)。ちなみに歌詞を詳しくは書けないが、めちゃくちゃいい歌詞。泣ける!

メンバーからのコメントによれば「人生は難問がいつも目の前に立ちはだかって、クリアするのに必死です。特に中学生くらいのときは僕らも『この悩みはみつ解決するんだろう』と苦しんだこともありました」「一生の宝物みたいな曲になればいいとなと思います」とのこと。

■中学生が歌うセカオワは感動必至

この歌詞のなかには一見、「ドラゲナイ」のようなパンチラインは見られないが、それは聴いてみないとわからない。ちなみに次の日曜にEテレで「発表!Nコン2015課題曲」(2月22日日曜午後4:00〜)があるので、そこで曲の全貌が明らかになるはず。

全国のドラゲナイファンたちは、必聴だ! 中学生たちによって歌われるドラゲナイ、いやセカオワの歌は必ずやあなたの心を揺さぶるはずだ。

参照/Nコンホームページ(歌詞が素敵です!)
文/関本尚子