激安居酒屋の汚い「バケツ・ビール」に注意 客の飲み残しを集めた不衛生ビール


※あなたを癒やすその一杯、本当にいれたてですか?
※あなたを癒やすその一杯、本当にいれたてですか?

「僕が去年まで働いていた激安カラオケでは、客のビールピッチャーの残りをバケツに入れておいて、それをまたくんで出していましたね」(元飲食店店員)

昔から飲食店に伝わる「バケツビール」というものを知っているだろうか。

■昔からあった偽装の手口

先ほどの証言のように、飲み残しを集めておいて、泡などをたして再び客に出すというものだ。泡だけたす、炭酸もたすといった様々な手法が存在するとも言われている。さきの店では残しを集めたものと、新しいものをハーフ&ハーフにして、出していた。

「うちのチェーンではオーナーの指示でした。なので、なぜか酒を作るところには社員を配置しており、バケツビールしているのを知っていたのは一部。まあ、実際はみんな知ってましたけどね(苦笑)」(前出・店員)

■バケツビールは“合法ドリンク”?

客の飲み残しをすべて集めていたわけではなく、あくまでピッチャーの余ったものだけを集めていたというが、客サイドからすればたまったものではない。07年に起きた料亭・船場吉兆の賞味期限切れや産地偽装事件では、使い回しにも注目が集まった。

だが、むしろ競争が苛烈になってきているため「そういったモラルない行為は実は、水面下では多数横行している」(飲食店コンサルタント)という話もある。これはモラルではなく、違法なのではないか。

「船場吉兆と同様、現状ではこれを罰する法律はない。詐欺罪などで考えていくこともできるが、現実的ではない。バケツビールをするような小中規模の飲食店であれば、大きな問題として取り上げられる可能性もひくい」(弁護士)

■泥酔した客を選びマズさを気づかせない

しかしバケツビールならば味も落ちるのは確実だし、それに気づかない消費者でもないだろう、と思うがそうではないという。「遅い時間で、泥酔している客を狙って出していた」(前出・店員)そうなれば、気づきようもないのが実情。

われわれが酔っ払って飲んでいる、激安店のビールやアルコール、その味には要注意だ。

文/鷹村優


シェア