「彼女」の維持費は年間50万円超える…1番金食い虫の趣味は「恋人」だった…!

※こんなロマンチックな思いができるなら、年間50万なんて安いもの!
※こんなロマンチックな思いができるなら、年間50万なんて安いもの!

男性が負担するデート費用は1回8379円

暑さも一段落、秋風のすずしさにちょっと人恋しいなと思う人もいるだろう。そんなうつろな気持ちを満たしてくれるのは恋人の存在なのだが、男性の諸君にはちょっと待っていただきたい。実は「彼女」の維持費は年間50万円以上はかかることが判明した!

リクルートグループが運営する「ブライダル総研」が今年7月23日に発表したデータがそんな“維持費”を示唆している。

同チームが首都圏・東海・関西の20代〜40代の恋人がいる男女に調査したところによれば「男性が支払う1回のデート費用」の平均は8379円(ちなみに女性は3323円!)だ。

デート代だけで年間43万円の驚異!

そしてデートの頻度は週に1〜2日がもっとも多く38.8%(月に2〜3日は25.8%、月に1日は15.8%)。なのでざっくり考えて、週に1日デートをするとして、年間約52回、それに毎回8379円かかるとすれば、合計は43万5708円だ。毎月としてみても3万3000円ほどかかっている。

デート費用だけで年間43万円もかかるのだ、そんな趣味ってなかなかないぞ。

男性にのしかかるクリスマスや宿泊費!

だがデート以外にも特別支出はある…クリスマスや誕生日などのイベントごとだ。2012年にマクロミルが調査したところによれば、クリスマスでの飲食およびプレゼントの平均予算は男性2万6432円(女性は19500円)。

またお互い一人暮らしではないなどして、二人っきりの一日を過ごしたい場合には別途宿泊費もかかる。そういった諸費用を足していけば、年間50万円は軽くかかるのだ。

彼氏には年間20万ぐらいしかかからない!

ちなみに女性から考えた場合には「彼氏」の年間維持費、デート代が17万2000円、クリスマスが1万9000なので、25万円以下ですむだろう。それならば趣味としてはぼちぼちだ。

…と筆者は女なのだが、我ながらけっこうかかるなと。とはいえ50万円に見合う癒やしとか料理つくったりとか、けっこう貢献しているわけで、安いもんじゃないですか、どう考えても!

ちなみに筆者は身の上をわきまえた30半ばの独身女なので、なるべく割り勘にしているし、そんなに金はかからないはず。なので原稿を書いておいてなんなのだが、女性に金がかかるからと絶望せずに、ぜひとも果敢に挑んでほしい!

参考/ブライダル総研
文/高野景子

シェア