タッキー&翼広告「大事なモノ」が消された? ジャニファン悲鳴の消えたモノとは

※画像はイメージです。こちらも「例のモノ」は写っていません。

※画像はイメージです。こちらも「例のモノ」は写っていません。
※画像はイメージです。こちらも「例のモノ」は写っていません。
ジャニーズ人気ユニット・タッキー&翼のニューシングル「抱夏-ダキナツ-」が8月20日に発売されるのだが、その広告をめぐってジャニーズファンの間からため息が漏れている。というのも、2人がうつっている広告から、アレが消されていたから。

「本当にがっかりですよ。『抱夏』の広告では滝沢くんと翼くんが上半身裸でうつっているんです。2人の細マッチョすぎる肉体が堪能できるんですが、“乳首”が消されているんですよ…」(熱心な滝翼ファン)

さっそく筆者もその広告を、渋谷の109交差点近くにあるので見にいったのだが、確かに“消され”ている。厳密に言えば、タッキーと翼のまわりには水しぶきが飛び散っており、それが2人の胸のトップ部分を隠してしまっているのだ。

アートワークとしてはかっこいいのだが、たしかにあるはずのものが見えないのは、違和感と言えば違和感。

「広告ではほぼほぼ乳首はNG(笑)。以前には山手線の広告として、新日本プロレスの選手たちでラッピングするという企画があったのですが、レスラーたちのそれがNGになっていましたね」(大手広告代理店社員)

そうなのだ男性のものであっても、胸のトップ部分はNGというのが実情なのだ。

とはいえジャニーズファンでも“そういう部分は恥ずかしくて直視できない”なんて人は多いので、見えないのもアリなのかも。

文/関本尚子