赤ちゃん最初の言葉に「タブレット」ランクイン パパ、ママよりもiPad!


※たしかに我々も恋人よりも親よりもタブレットだったりしますしね。※画像はApple iPad Air Wi-Fiモデル
※たしかに我々も恋人よりも親よりもタブレットだったりしますしね。※画像はApple iPad Air Wi-Fiモデル
あなたが人生で初めて話した言葉はなんだっただろう。パパ、ママ、マンマ…そのあたりのはず。だが英国のIT企業の調査によれば、子供たちの初めての言葉に「タブレット」が登場したという。

今月7月、テック21が子供を持つ親3614人を対象に調査したところ、8人うち1人は我が子が発した最初の単語が「タブレット」だったと発表した。

同社によれば、子供の教育用にタブレットPCを子供たちに与えている親が増えたことが、その原因ではないかと予測している。たしかにタブレットによる絵本の読み聞かせアプリなど、情操教育用のアプリも増えている。

イギリスでは、子供たちのタブレットPC使用頻度が、われわれが思うより高いようだ。調査に協力した親の40%は1日に1時間程度、子供がタブレットを持って遊ぶことを許可。また7%は1日に3〜4時間も使用できるようにしていたという。

とはいえ専門家たちの中には、子供の頃からタブレットPCを使用すると、言語の発達に支障を与えたり、集中力に悪影響をおよぼす可能性があると指摘する人もいる。親よりも食事よりもタブレット、彼らは一体どのような大人に育つのだろうか。

文/原田大