慰安婦の少女マネキンに賛否 血まみれの12体の像が残酷すぎるとの声も | もぐもぐニュース
  • メディア
  • 戦争被害の少女マネキンに賛否 血まみれの12体の像が残酷すぎるとの声も

    ※たしかにショッキングなビジュアルだ。

    ※たしかにショッキングなビジュアルだ。


    7月4日、ニュージャージー州ユニオンシティで従軍慰安婦碑の除幕式が開催されたが、なかでも注目を集めたのは記念碑そのものよりも、被害者をあらわした12体の少女のマネキンだった。

    下着姿で目を覆ったまま血を流す少女、はだかで腰に鎖を巻かれた少女、全身が傷だらけ血まみれとなっている少女、手足を縄で縛られた少女…などどれもショッキングなビジュアルだという。

    韓国メディアによれば、同国政府による“肝いり”で設置されたものだと言い、これを見ていた客の女性は「日本軍がこのような恐ろしい犯罪を犯したという事実をはじめて知った」と震えていたという。

    ユニオンシティのブライアン・スタック市長は除幕式で「20万人を超える女性が受けた苦難について、正しい歴史教育が子どもたちに行わればならない」とスピーチ。だが、インターネット上では、あまりにショッキングなビジュアルに、まゆをひそめる韓国の人たちもいる。

    一方で日本では、朝日新聞が従軍慰安婦問題「吉田証言」について誤報であったことを報じているなどタイムリーなタイミング、このマネキンが日本でも注目を集めそうだ。両国ともにこの問題を焦点に、ヒートアップする危険性もありうる。

    参照/DONGA-REUTERS
    文/鷹村優