ジャンクフード食べ続けると嗅覚失う 女子の匂いも、腐ったみかんも判別不能に…!?


※僕らの鼻に、あまりに救いがない話なのでかわいい猫ちゃんの鼻の写真にしてみました。
※僕らの鼻に、あまりに救いがない話なのでかわいい猫ちゃんの鼻の写真にしてみました。

ラーメン、ハンバーガー、牛丼、ポテトチップス…そんな脂っこいものばかり食べているあなた、実は匂いがわからなくなっているのかも知れない…。

ジャンクフードを長く食べると、嗅覚が衰える危険性があるという研究結果が衝撃を与えている。米国フロリダ州立大学のニコラ・スティーボー博士の研究によれば、2グループのラットで、一方には高脂肪な食事を、もう一方にはふつうの食品を与えたところ、前者のマウスに嗅覚の低下が見られたという。おまけに、高脂肪食を止めても、嗅覚が回復されなかったという…。

マウスは、6ヶ月の実験期間中、特定の臭いがしたら水が与えられることを学習させられた。だが、“ジャンクフードマウス”はその学習に時間がかかった。嗅覚が低下していたからだ。また別の匂いを認識するのにも時間がかかったという。

そしてこのマウスに健康的な食事を与えて見てみると、体重も減り、血糖値が低くなったが、嗅覚能力だけは回復されることがなかったのだ。ジャンクフードばかりを食べている僕ら、もう手遅れなのか。

また研究者らによれば、嗅覚がダメになると、腐っていたり変なものが入っていたり、健康に良くない食べ物に気づかないリスクが増加するとのこと。ジャンクフード漬けの我々が嗅いでいる世界は、気づかぬうちに色合わせていたというわけだ…。いやあ知りたくなかった!

文/原田大