【…え!?】メキシコが運転免許の試験制度導入 交通事故多発を改善のため


※メキシコシティは世界一の“交通地獄”と呼ばれている。写真はfreeimagesより。
※メキシコシティは世界一の“交通地獄”と呼ばれている。写真はfreeimagesより。

自動車運転者のみなさん、あなたは試験をうけたすえ自動車免許をとっただろうか? なにを当たり前のことを、と思うかもしれないが、南米メキシコの首都・メキシコシティではこれまで運転免許試験制度はなく、ドライバーたちは運転をおこなってきた。だが、ついに政府が運転免許試験制度を導入することを決定したのだ。

メキシコではこれまで、身分証明書と50ドル(約5000円)を持って関連機関に行けば、免許が交付されていた。しかし、そうすれば交通ルールもわからないし、まともな運転ができないドライバーが増えるのは必定。昨年だけで交通事故の死亡者は1万7000人にものぼっている。

また、免許の乱発により自動車運転者は増加をたどり、1990年代以降、自動車の排気ガスによる大気汚染が深刻な問題となっている。こういった状況を鑑みて、やっと国際標準のポリシーに従い、試験免許制度をとることになったのだ。既存の免許保持者は試験を免除されるという。

ちなみに飲酒運転が見つかれば免許停止、というのもやっと法案に盛り込まれたという。ひえ〜。

文/関本尚子


シェア