タクシーメーター上がる寸前に降りる方法 メーターのシグナルを見極めろ


※右端の「支払い」の下の☆マークに注目!ニシベ計器製造所のメーター。
※右端の「支払い」の下の☆マークに注目!ニシベ計器製造所のメーター。
急いでいるために、やむを得ずタクシーに乗るハメに…目的地につくところで1000円だと思ったら、メーターがぎりぎりで上がってくやしい! なんてことはけっこうあるだろう。知っていたら、ちょっと手前で降りたのに…なんて人はメーターの秘密を知っておくべきだ!

「賃走」と表示されているタクシーメーター、一部の機種ではよく見てみると、料金があがるタイミングがわかるように表示されている。

いくつかパターンがあり、加算運賃条件が近づくにつれ①5つの◯印が1つずつ減っていく、②バーが表示されており短くなる、③賃走の文字の色が少しずつかわる、④白いランプが点滅した後、赤いランプが点滅するなどなど。

このように複数のパターンが存在するために、すぐにそれを見極めるのは難しい。中にはそのような表示がないものものあるため、血眼で探した結果わからなくてもがっかり、なんてことも…。

ちなみになぜこんな機能がついているかというと、「到着寸前に細工して、メーターあげてんじゃねーの」なんてお客の疑惑を払拭するため、だと言われている。そのためこれは必須表示ではないのだ。

仮に運賃があがるタイミングがわかっても、本当にギリギリでは運転手さんも止めづらかったりするし、事故の元。気を付けていただきたい!

文/鷹村優


シェア