犬は猫よりも家に損害与える 超かわいい…けど年間4万円も負担増?


※画像はイメージです。
※画像はイメージです。
犬も猫も我々の生活にかかせない愛くるしい存在だ。だが、経済的に見てみたらどうだろうか。最近の英国の通信会社BTの研究によれば、ペットによる家へのダメージは、なんと年間1500億円相当にものぼるという。

そして中でも一番被害を与えるのが犬。イギリスでは年間約4万円分の家へのダメージが彼らによって引き起こされているという。壁紙を引き裂いたり、ホースを食い破ったりと。ちなみに猫による被害額も犬に迫るものだという。

ちなみにこの研究によればもっともダメージをあたえないのだが、モルモットやハムスターだとのこと。でも、そりゃゲージの中で飼っているのだから、当たり前すぎるのでは…。

実際に犬は猫よりも動物病院に行く機会も多いし、そういった店でも経済的な負担は大きいだろう。生涯を通しての医療費は、犬で100万円、猫で60万円かかると言われている。実際に高額の医療費を飼い主が払えないというケースもあるという。

ただし、それでも犬ほど可愛い物はない、犬好きの筆者はそう思う次第。

文/編集部


シェア