オバマがサムスン製品ファンに転向? ギャラクシーノート使用でappleは…


※画像は東亜日報より。
※画像は東亜日報より。
スマホ、タブレットの覇権をかけて特許訴訟で戦っている韓国のサムスンと、米国のアップル社。その戦いに軍配があげるかのように、韓国マスメディアが次のような報道を行なった。東亜日報が4月4日に「オバマがサムスンのギャラクシーノート3」を宣伝してくれた、という記事を配信。

オバマ米大統領が4月1日に、米プロ野球(MLB)ボストン・レッドソックスのデビッド・オーティス選手から記念Tシャツを受け取った際、オーティス選手が大統領とセルフィ(自撮り写真)を撮る際に、サムスンのギャラクシーノート3で撮ったというものだ。東亜の記事を読むとオバマが自分で使ったかのように読めなくもない。

昨年アメリカでは米国際貿易委員会がサムスン製携帯端末に輸入禁止命令を出し、オバマ大統領が拒否権を発動しなかったことが話題になっている。オーティス選手はサムスンからスポンサードを受けており、今回はサムスンに絶好の恩返しをしたことになるだろう。

なぜなら、これによりオバマ大統領が決して「サムスン嫌い」ではないとみんなが思っただろうからだ。

参照/東亜日報
文/鷹村優