辻仁成を変貌させた「脳の手術」 中山美穂との離婚のきっかけに?


※画像は辻仁成氏。
※画像は辻仁成氏。
女優の中山美穂(44)と、歌手・作家の辻仁成(54)夫妻が離婚のために話し合っていると、一部メディアが報じた。中山の所属事務所は騒動について「聞いてない」と話しているが、以前から二人の間には溝ができていると報じられてきた。

離婚原因として、特に指摘されているのが辻の変貌ぶりだ。以前は男臭いイメージだったが、いつのまにか、今ではロン毛のフェミニンな見た目へと変わっている。このイメチェンについて本人は、「時代は絶対、中性ですよ。汗臭いおじさんにだけは死んでも成りたくない。めちゃかっこいい中性的なおじいさんを目指します」と、2010年2月1日のブログでつづっている。

気になるのは、「頭手術したから?」と自ら言っている点だ。続けて「確かに、手術後、男臭い意識がすとんと抜け落ちましたが、やっぱり、バンドはじめたのが大きいかなァ」と答えている。

実際辻は09年10月頃、手のしびれを感じて救急車で病院へ行き緊急手術。以前に転倒した際に脳内に血栓ができていたためだ。数ミリ頭骸骨に穴を開けて、血を抜くというものだったという。実際こういった手術後、若干の性格的変化が起きることは知られているというが、これが中山美穂との離婚の遠因に、なっているのだろうか? 中性的なルックスに目覚めるぐらいなら、まあ、別に問題ないという気もするところ。

今後二人の間で何があったのか、明らかになっていくだろう。

文/鷹村優


シェア