PayPalが顔パス支払いスタート「顔写真の照合で決済」にコミュ障な筆者はガクブル


※画像はstock.xchngより。
※画像はstock.xchngより。
「まるで下町?」な決済サービスが始まろうとしている。米国IT企業のPayPalが、「顔パス」(チェックイン)支払いの本格導入を日本でも予定しているという。2013年からはすでに一部の飲食店などで導入されている。

PayPalのスマホアプリに、自分の顔写真とクレジットカード情報をなどを登録。そして店に行った時に、自分のアカウントにチェックインすると、店の端末に自分の名前と顔写真が送られる。店員に「PayPalで支払います」と言うと、店員がその顔写真とこちらの顔を照合して、決済してくれるというものだ。

顔と名前で決済するというのがこのサービスのキモ。客と店側がよりパーソナルな関係性が築けるのがポイントだという。だが顔に自身がなく、コミュ障で人と目を合わせられない筆者からすれば、この顔で照合されるというのはかなりの難行だ…。また女性などメイク前と後の時など、色々と大変そうだ。

文/編集部


シェア